【iOS11.3ベータ】AirPlay 2で各部屋のオーディオを管理!

Appleは今年春にリリース予定のiOS11.3のパブリックベータをリリースしました。同時にtvOSもリリースされており、各部屋のApple TVをiPhoneなどでリモートコントロールできるようになります。またAirPlay 2で部屋のオーディオを同期することもできます。

スポンサーリンク

新しくなった「ホーム」アプリと「AirPlay 2」

tvOS11.3のベータ版でApple TVがどの部屋においてあるのかわかるように名前がつけられるようになっています。同様に今後発売されるHomePodにも名前がつけられると思われます。

TVの名前

そして、iOS11.3のベータ版では「ホーム」アプリが新しくなっています。このようにHomekit対応のデバイスが表示され、先ほど設定したApple TVもこの中に入っています。

ホームアプリ

iPhoneの「ミュージック」アプリを開くと音楽が流れていいることがわかります。画面下部にどこで音楽が流れているか小さく表示されています。

ミュージックアプリ

画面下部をタップすると、AirPlayの画面が開き、「Bedroom」と「Living room」で音楽が流れているとわかります。これは同期が取られていて、同時に鳴っています。

AirPlay 2画面

この詳細なレポートをiDownloadBlogが公開しています。

何をホームの中心にするか

「ホーム」アプリでは、「いつも置いてあるiPadをホームハブとして使用することができます」と提案されています。確かにiPhoneで全てを操作すると、本人が外出中に家族が困るでしょう。iOS11.3の「AirPlay 2」では、かなり大規模に家中のオーディオを操作できるようになっています。

参考URL:idownloadblog.com

最大8万3,000円キャッシュバック
30ヵ月の基本料割引で実質月額2,000円!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー