Appleのパネル受給からみえる新型「iPhone X2(仮称)」

Apple

Appleのパネル受給からみえる新型「iPhone X2(仮称)」

投稿日: コメント (0)


台湾DigiTimesによると、Appleは今年発売されるiPhoneのディスプレイパネルを2億5千万〜2億7千万枚発注すると報道しました。このうち半分はOLEDパネルとみられ、現行のiPhone Xと次期「iPhone X2(仮称)」のものとみられます。注目できるのはその大きさです。

スポンサーリンク

「iPhone X2(仮称)」のディスプレイサイズ

iPhone X画面

台湾DigiTimesは特にOLEDパネルについて、このように報道しています。

情報源によると、Appleは2018年にOLEDパネルを1億1千万〜1億2千万枚購入する。これには7千万〜8千万枚の5.9インチパネルが含まれこれは現行のiPhone Xに使われると共に、同サイズの次世代iPhoneに使われる。残る4千万〜5千万枚は6.5インチのOLEDパネルである。

5.9インチというサイズは5.8インチの表記ミスだと思われます。いずれにしても現行のものと同じサイズの「iPhone X2」が発売されるのは間違いないでしょう。注目すべきは「6.5インチ」の「iPhone X2 Plus」と思われるサイズが含まれていることです。

「iPhone X2 Plus(仮称)」は6.5インチ

複数の情報源から次世代のiPhone「iPhone X2」は2種類のサイズがあることがリークされています。それは5.8インチの「iPhone X2」と6.5インチの「iPhone X2 Plus」で、今回の情報はそれを部品供給側から裏付ける情報となりました。

それに加えて台湾DigiTimesはより安いiPhone Xについても言及しています。これは6.1インチの液晶ディスプレイを持ち、OLEDディスプレイではありません。そのため安い価格で提供されると、これも複数の情報源から示されています。

年々正確になるiPhoneのリーク

昨年は新型のiPhoneが発売されると春ごろから噂となり、発表となった9月にはほとんど正確な情報が出揃っていました。iPhoneの新製品情報は「金になる」と情報源が知っていることと、台湾DigiTimesとKGI証券がそのソースを掴んでいることに要因があります。

次期「iPhone X2」は今年に入ってすぐ、KGI証券からレポートがあり、それを否定する情報はないどころか、それを裏付ける情報ばかりです。なんらかのアクシデントがない限り、このままの路線で進むものと考えられます。

参考URL:MacRumors

-Apple -

スポンサーリンク

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加