iPhone8Plusの写真

「iPhone 8 Plus」のカメラが過去最高評価をマーク!

各種カメラの評価を行なっている「DxOmark」がiPhone 8 Plusのカメラ性能について、「今までテストしたスマートフォンカメラで、過去最高のものだ」という評価をしています。作例も含めてどんなカメラなのかみていきます。

スポンサーリンク

iPhone 8 Plusのカメラスペック

簡単に、「iPhone 8 Plus」のカメラスペックを紹介しましょう。

  • 12メガピクセルのメインカメラ(背面投射型、f/1.8レンズ)
  • 12メガピクセルの望遠カメラ(f/2.8レンズ)
  • ポートレートモード
  • ポートレートライティングエフェクト
  • オートHDR

主要なスペックを抜き出しましたが、メインカメラのレンズがf/1.8と最近のハイスペックスマホで一番明るい部類に入っています。これは特に室内での撮影に効果を発揮するでしょう。ポートレートモードで背景のボケをシュミレートし、一眼レフカメラで撮ったような効果が得られます。

スポンサーリンク

逆光での人物撮影テスト

テストは、「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」「Google Pixel」「iPhone 7 Plus」を使って行われました。Google Pixelは「HTC U11」と同様の仕様となっています。わかりやすくするためにこの記事では「iPhone 8 Plus」と「Google Pixel」を比較していきます。

まずは逆光での人物撮影。逆光はカメラとして厳しい条件です。背景に明るさを合わせると人物が暗すぎる。人物に明るさを合わせると背景が明るすぎる。これはHDRを使ってダイナミックレンジを調整し、両方がうまく写るようにチューニングが行われます。

まずは「iPhone 8 Plus」の写真です。

iPhone8Plusの写真

次に「Google Pixel」

Pixelの写真

これについてDxOmarkは「同等の性能」と評価しています。HDRとしては同等の性能でしょう。Pixelの方が若干、人物が暗めになっていて、彩度は上がっています。これはカメラの設定の問題ですので優劣はつきません。両者、逆光だということを感じさせないくらいの仕上がりとなっています。

ボケ味のテスト

「背景がボケる」という機能がデュアルレンズカメラの目的とする機能です。これがどの程度、自然に、つまり一眼レフカメラのようにボケるか、「ボケ味」が重要になってきます。

これが「iPhone 8 Plus」の写真

iPhone8Plusの写真

これが「Google Pixel」の写真

Pixelの写真

Pixelの方が明らかにボケていますが、作為的すぎるようです。一眼レフを使って、人物とこれくらい離れた距離で撮影すると、ここまでボケることはほとんどありません。あまりにもボケすぎて、人物と同じ距離にある木の葉が浮かび上がって見えます。

一方のiPhoneは自然なボケ具合。かつ、背景のボケが丸くボケていて光学的な「ボケ味」をうまく再現できています。ちょっと「iPhone 7 Plus」も見てみましょう。

iPhone7Plusの写真

背景の「ボケ味」が雑で汚い印象を受けます。これはiPhone 7 Plusの発売時から気になっていて、他のデュアルレンズスマホの方が良いと感じていました。これがiPhone 8 Plusでは進化していて、綺麗なボケを作り出しています。

DxOmarkはこのように評価しています。

8 Plusはボケに関してテストした最高性能のスマートフォンだ。実際のカメラの仕様変更は少ないにも関わらず、追加の開発とその処理能力により7 Plusから5ポイント、Google Pixelからは20ポイントの差をつけた

過去最高のカメラ

あるプロカメラマンはiPhoneで写真を撮る企画を行なっていて、「すばらしいカメラだ」と絶賛していました。ポートレートモードのライティングエフェクトと、人物の肌の質感をとても気に入ったようです。

デュアルレンズカメラはどんどんと進化しています。Googleもこのままではいないでしょう。Googleは先日、HTCのスマートフォン部門を買収しました。これからは一眼レフの再現だけでなく、一眼レフでは撮れないようなエフェクトが実装されていくことになると思われます。