激変するモバイル業界をキャッチアップ

Apple

次期iPhoneの噂が原因か?AppleのQ2決算が予測を下回る。

投稿日:

第二四半期におけるApple決算が発表されました。予測は売上530億ドルに対して、決算の売上は529億ドル。わずかな差で株価は1%下がりました。わずかな差ですが、数分間で数十億ドルが消えるという大きな影響です。これには次期iPhoneの噂が加熱している背景がありそうです。

スポンサーリンク

iPhone、iPadの売上台数

AppleのIR情報画面

出展:Apple公式サイト

Appleの大きな主軸であるiPhoneの売上台数は5,076万3,000台となり、前年同期比から1%減っていますが、第一四半期の売上台数からは35%も減っています。iPadの売上台数は前年同期と比べて13%減。これは予測の範囲内で市場が縮小していることを現しています。

一方、Macの売上台数は419万9,000台で、前年同期比4%増。Apple MusicやApple Payなどのサービス部門は、前年同期比18%増で、多角化は進んでいると言えます。

次期iPhoneの期待が大きすぎる?

この決算について市場調査会社が行った報告に対し、ティム・クックCEOはこのようにコメントしています。

調査結果はさっと読んだだけで詳しく分析する時間をも持てていません。しかしながら、iPhoneの販売は停滞していると認識しています。

これは早い時期から、頻繁に、将来のiPhoneについての報道がなされていることが、データの背景にあるのではないかと考えています。

次期iPhoneの報道

次期iPhoneについての報道は、日本においては4月に入ってから増えています。しかし、アメリカではもっと早い時期から報道が加熱していました。次期iPhoneは10周年の記念モデルとなります。全面がOLEDディスプレイとなり、ホームボタンは廃止されディスプレイ上での指紋認証がなされると噂されています。

最近では、ワイヤレス充電と思われるような図面の情報や、モックアップの写真などもリークされていて、その期待は高まるばかりです。Appleの決算が思っていたほど良くなかったことからは、iPhoneだけではない「新しい何か」を生み出す必要に迫られているのかもしれません。

-Apple
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Apple Payに対応するクレジットカードが8社追加。合計20社でさらに便利に。

モバイル決済サービスの黒船「Apple Pay」が好調な滑り出しをみせています。 3月1日にはさらに8社のクレジットカードがApple Payに対応しました。 スポンサーリンク 新たに対応したクレジッ …

新「iPhone SE」が発売決定。Y!mobileとUQ mobileが、すぐにiPhone込みのプランを発表。

iPhone SEのマイナーチェンジがAppleより発表されました。価格はそのままで容量が倍の「32Gモデル」と「128Gモデル」。それに呼応して、Y!mobileとUQ mobileがiPhone …

iPad

9.7インチ新iPadが3月25日に発売。全体的なスペックアップ。

アップルは実質iPad air 2の後継機種となるiPad(無印)を3月25日から発売すると発表しました。全体的にスペックがよくなっていて、価格は37,800円からになっています。 スポンサーリンク …

ガラス割れ

「ミスターミニット」でiPhoneのガラス割れが修理できる??

合鍵や靴の修理を行っている「ミスターミニット」。駅の近くなどでよくみかけます。そこでiPhoneのガラス割れが修理できることをご存じでしたか?公式にホームページでアナウンスされています。 スポンサーリ …

price

新「iPad」は順当に進化しつつ、歴代最安値!?今わかっていることをまとめました。

3月25日から発売開始される新「iPad」。Air 2から無印になりました。性能としては順当に進化しつつ、価格も安い。性能面で今わかっていることと、歴代iPadの価格を比較してみます。 スポンサーリン …