WWDC 18イメージ

「WWDC 2018」は6月5日!新iOSからハードの発表まで盛りだくさん!

解約違約金、各種手数料も負担!
最大8万3,000円キャッシュバック
最速ネット回線NURO光なら今がお得

Appleは世界開発者会議「WWDC 18」を現地時間6月4日10時から、日本時間で6月5日2時から開催すると、プレス向けに招待状を発送しました。例年、このWWDCは開発者向けにiOSやmacOSの新しいバージョンが発表されますが、ハードウェアの発表もありそうです。

WWDC 2018は6月5日2時からキーノート

WWDC 18イメージ

WWDC 2018」は現地時間6月4日10時、日本時間6月5日2時からアメリカのサンノゼ、McEneryコンベンションセンターで開催されます。WWDC特設サイトでリアルタイム配信が行われます。5,000人を超える開発者が集まり、新しい技術について100を超えるセッションが用意されています。

もっとも注目されるのは、最初に行われる「キーノート」。ソフトウェア開発者に向けて、新しいバージョンである、iOS12、macOS10.14などの新機能が発表される見通しです。大きなメジャーアップデートの機会ですので、何が起きるのか期待して待ちましょう。

スポンサーリンク

WWDC 18で何が発表されるのか

以前から言われている一番大きな新機能は、iOSアプリとmacOSアプリの統合でしょう。iPhoneとMacで同じアプリが使えるようになるとみられています。iOSの「App Store」は非常にうまく機能していますが、macOSの「App Store」はほとんど使われていない現状。この状況を打破するきっかけになるかもしれません。

WWDCは開発者会議であり、主な話題はソフトウェアです。しかし毎年、新しいハードウェアの発表があります。2017年のWWDCではMacBook ProとiMacが発売され、iMac ProとHomePodが発表されました。

SE2背面画像

現時点で噂やリークのあるものは、「iPhone SE2」と「iPad Pro」。Phone SE2はプロトタイプの動画がリークされたり、保護ケースが予約販売されるなど大きな話題となりましたが、ここへきて急に情報が途絶えているところ。しかしiPhone SE2発売への期待は大きく高まったままです。

iPad ProはFace IDが採用されるという噂が出ています。iPhone Xのようにフルディスプレイが採用され、ホームボタンがないiPad Pro。しかしこれは、新しいiPadが3月に発売されたばかりであり、今回のWWDCでもiPadがアップデートされるのか不透明です。

モバイルとデスクトップの新たな時代

iPhoneでもMacでも同じアプリが使えるようになる。つまりモバイルとデスクトップの統合はMicrosoftも試みましたが失敗に終わりました。今度はAppleが挑戦することになります。そのプロジェクトのコードネームは「Marzipan」。新たな時代の幕開けとなるかもしれません。

参考URL:MacRumors

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー