Apple Watch対応アプリが次々とサポート終了。Bluetoothの呪縛から逃れられるか?

Apple

Apple Watch対応アプリが次々とサポート終了。Bluetoothの呪縛から逃れられるか?

投稿日: コメント (0)


GoogleマップやAmazonアプリなど、人気のアプリがApple Watchのサポートをしないようになりました。特にアナウンスはなく、ひっそりと対応しなくなっています。これには原因があるのではないでしょうか。Bluetoothの呪縛と言えるかもしれません。

スポンサーリンク

人気アプリが相次いでサポート終了

GoogleマップやAmazon、eBayなどの有名なアプリがひっそりと対応しなくなっています。例えばGoogleマップをみてみましょう。

Googleマップのストア画面

通常であれば「Apple Watch Appも提供」と書いてあるはずが無くなっています。これに対して、特にアナウンスはありませんでした。しかし、それほど問題視されていません。ということは、それほど使われていないことを意味しているでしょう。

Bluetoothの呪縛

筆者も一時期、スマートウォッチを使っていましたが、使わなくなりました。Apple Watchではそれほどではないでしょうが、毎日ペアリングするのが、ほんの少し面倒なのです。

Bluetoothを使っている限り、近くにiPhoneがあることが必須です。メールやLINEが読めるのは確かに便利です。しかしそれ以上のものはありません。車やバイクの運転中に知らされても気になるだけでみることはできません。運転中でなければ?iPhoneを出しておけばいいのです。

次期Apple Watchには通信機能が内蔵されると予想されています。ちょっとした外出でiPhoneを持ち歩かなくてよいとなれば、便利にはなるでしょう。しかしそれも、iPhoneをポケットに入れればいいだけかもしれません。果たして本当に「スマート」になるのか。Appleが驚かせてくれることを期待します。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-Apple
-,

スポンサーリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

関連記事

Apple Watchがひとりの男の人生を救った話

スコット・キリアンさんはApple Wacthで人生を救われました。数週間前、彼は心臓発作を起こしましたが、それをApple Watchが検出したのです。しかし、その詳細な話を聴くと、彼が「Apple …

Siriバナー

ユーザーのSiri離れ…賢くなっていくSiriの行方は?

アプリ調査会社のVelto社はレポートで、最もよく使われている音声人工知能アシスタント「Siri」の利用者が減っているとの結果を発表しました。秋にリリースされるiOS11ではSiriの声はもっと自然に …

iPhone X

大手キャリア「iPhone X」価格割引の分かりにくさを比較してみる

そろそろ予約も始まり、11月3日に発売される「iPhone X」。各大手キャリアの端末代金が出揃いましたが「わかりにくい!」。ここで整理してみたいと思います。簡略化のため機種変更しか考えません。MNP …

Bluetoothポップアップ

iOS11.2パブリックベータ版リリース!変換がまともに!

iOS11.2のパブリックベータ4がリリースされました。iOS11.2では、「Apple Pay Cash」など、大きな変更点がいくつかあります。その現状がどのようになっているのか、インストールして検 …

TrueDepthカメラ

iPhone Xの極端な出荷数不足は「TrueDepthカメラ」が原因

iPhone Xが11月3日に発売となりますが、その当日分について、日本では予約開始から数分で売り切れてしまいました。このiPhone Xの出荷数が極端に少なくなっている原因はFace IDなどに利用 …