Apple Watch‎

Apple Watchが少女の命を救う!心拍数の異常を検知

ネット回線に不満があるならNURO光がおすすめ
最大8万3,000円キャッシュバック!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

Apple Watch‎
Apple Watchの心拍数測定機能が少女の異常な心拍数を検出し、重篤な症状になることを防ぐきっかけを作ったというニュースが報じられています。今回、Apple Watchが病気の前兆を測定し、命を救った少女は腎臓の病気を患っていました。

異常な心拍数を検知

フロリダ州に住む18歳のDeanna Recktenwaldさんが外出しようとしたところ、Apple Watchが毎分190回の異常な心拍数を検出し彼女に通知しました。看護師である母親がライフログを確認したところ異常に気づき、病院に連れて行ったところ彼女が重度の腎不全であることが発覚しました。Apple Watchには異常な心拍数を通知する機能が備わっており、彼女が腎不全だと発覚する機会を作りました。

スポンサーリンク

Apple Watchの精度はフィットネス向け

Apple Watchの現世代で検出するのは心拍数のみで、精度もフィットネス向けであり、医療用品と比べると高くはありません。しかし、今回の件で「身体に装着して健康データを収集し、ライフログを作る」というウェアラブルデバイスとしての新たな可能性を証明しました。

現在、Apple Watchは血糖値の測定機能の搭載が検討されており、研究が進められています。これが現実となればさらに多くの病気発見に貢献できる可能性が出てくるでしょう。

国民全員がウェアラブルデバイスをつける日もくるか

高齢化社会である日本では、高齢者の健康管理が重要な要素としてあげられています。高齢者の行動を監視して、異常行動が見受けられないか見守るシステムも存在します。

Apple Watchなどのウェアラブルデバイスによる健康管理の有用性が認められたら、ウェアラブルデバイスが高齢者だけではなく、すべての国民の健康を管理する時代が来るかもしれません。ウェアラブルデバイスには大きな可能性が秘められています。ウェアラブルデバイスの今後の動向は要チェックですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー