ARイメージ

【iOS11.3ベータ】アップデートされたARKitで早くもゲームが!

AppleのAR(拡張現実)開発環境ARKitがiOS11.3ではバージョン1.5となり、垂直面や不規則な表面などの認識性能が向上しています。iOS11.3のベータ版と同時に開発環境もベータ版がリリースされ、デモが公開されています。もはやゲームのようになっているデモまであります。

スポンサーリンク

ARKitで垂直面の認識性能が向上

ARイメージ

Appleが大きくアピールしているのは垂直面の認識性能が向上したことです。これは例えば、壁に貼られたポスターに拡張現実を加えるといった使い方が想定されています。その垂直面の認識をうまく使い、隠しトンネルを壁に登場させるデモが公開されました。

スポンサーリンク

不規則なパターンの床も的確に認識

現在のARKitでは床を認識するのにもかなり時間がかかります。しかしARKit1.5ではその認識がとても速く正確になっています。この性能を活かして、ゲームのようなデモが作られました。エンドレスに続く波にサーファーが乗り、コースを疾走しています。

発展するAR(拡張現実)技術

iPhoneでARが使えるようになったものの、現在まだそれほど一般的ではありません。ポケモンのゲームがよりリアルになり、それはかなり評価が高いようです。最近では世界最大の家電ショーCES2017で、通常のサングラスとは言えないものの、ある程度自然なARサングラスも登場しています。

そのCES2017においてAppleは存在感がありませんでした。しかし水面下でARグラスの技術を探していたようです。AppleのARKitも含めこれからARの分野が、より発展していくことを期待しましょう。