3DCGを手書きできるApple「ARKit」の潜在能力

Apple

3DCGを手書きできるApple「ARKit」の潜在能力

投稿日:2017年8月12日 更新日:

参考になったらシェアお願いします!

Appleが「ARKit」拡張現実アプリの開発キットをデベロッパー向けに公開してから、様々なアプリの試作品か公開されました。今回、公開されたのは3Dの物体を手書きできるペイントアプリ。ソースコードの解説のため非常に簡単なプログラムですが、その可能性には大きなものを感じます。

スポンサーリンク

3Dペイントアプリの使い方

まずは、平面状に図形を描いていきます。特にペンは使わず、ペンを持ったようにした形の指先を検出して、その場所へ仮想の線を描いていきます。

円を描く

平面状に丸を線でつないだ図形が書き上がりました。

図形の完成

そして、3Dモードに切り替えて、指を垂直に持ち上げると、図形全体が立ち上がり、3Dの物体になります。

3Dモデルへ

短い動画で、一連の動作をみていただきましょう。非常に簡単に3DのCGが出来上がります。

AR空間で3DCGを描けるということ

これまで3DCGのモデリングは専門的なアプリを使った設計が必要でした。しかし、このアプリは直感的に平面と空間を使って3DCGのモデルを作り上げることができます。これはサンプルプログラムですので、簡単なものになっていて、このページでソースコードの解説を見ることができます。

このARアプリの発展形として、もっと機能の充実した、もしくは操作がもっと洗練された3DペイントアプリがiPhone用に開発されるでしょう。それで描いた3Dモデルのフィギュアは、メッセージアプリで送信され、友人のテーブルの上を歩くことになる。

いや、もっと想像できないクリエイティブな使い方をデベロッパーは模索中だと思われます。ARKitが登場するのは秋の予定。それに合わせて、驚かせてくれるようなアプリが登場するのを期待します。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Apple
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

iOS10.2.1でひっそりと追加された便利機能とは?バッテリー交換時期に関するもの。

1月24日に配信された「iOS10.2.1」 主な内容はバグ修正とセキュリティFIXでした。しかし、追加された機能があったのです。それはバッテリーの交換時期に関するものです。 Apple IDのパスワ …

手帳型ケース

ベゼルレスの「iPhone 8」にケースをつけるとどんな感じ?

だいたいの噂が出揃った感のある「iPhone 8(仮称)」はベゼルレス。画面の端がほとんどないEdge-to-Edgeのディスプレイになることがわかっています。そのiPhone 8にケースをつけるとど …

iPhoneの「Live Photo」をあなたのブログにも!AppleのJavascript APIの使い方を解説。

iPhoneに新機能として搭載されている「Live Photo」機能。写真を撮った前後1.5秒づつを保存しておき、アルバムでは写真として、長押しすれば動画としてみられる機能ですが、SNSなどではほとん …

iOS11のリリース

「iOS11」の正式リリースは9月20日!開発者向けに最終版

本日深夜2時よりAppleの新社屋「Steve Jobs Theater」にてスペシャルイベントが行われました。iPhone 8/8Plusに加え「One more Thing…」としてiPhone …

One more thing

とうとう発表された「iPhone X」はどこがすごいのか?

本日深夜2時にAppleのスペシャルイベントにて、「iPhone X(テン)」が紹介されました。先週に大きな情報のリークがあり、予想通りの発表となったためインパクトが弱くなってしまった印象です。しかし …