非正規のiPhone修理業者が逮捕される。非正規修理にかかるリスクとは…?

Apple

非正規のiPhone修理業者が逮捕される。非正規修理にかかるリスクとは…?

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

産経Westによると京都市下京区の携帯電話修理会社の社長ら四人を逮捕したと京都府警からの発表がありました。容疑は偽のアップルロゴがかかれたiPhoneバッテリーや、充電器を所持していた疑い。非正規にiPhoneを修理することは違法ではありませんが、リスクはあります。

スポンサーリンク

修理業者逮捕の詳細

押収された部品

出典:産経West

容疑者が運営するのは京都市内や大津市内で4店舗を運営する「Apple’s Doctor」で、アップルロゴの入った偽の修理部品を所持していました。写真が押収された部品になりますが、写真からわかるのはAppleのロゴが入った背面パネルがあります。これはApple社側から「偽物が売られている」という情報提供から逮捕に至りました。

iPhoneを非正規に修理するリスク

iPhoneの修理は高額な上に、待たされることが多いため、非正規の修理業者が多く存在します。そこで修理を行った場合、Appleの正規の保証は受けられなくなる可能性があります。また、その修理によって不具合が発生することもあるでしょう。

これを避けるには、ある程度信用のおける業者を選ぶことで回避することができると考えられます。「総務省登録修理業者」という制度が電気事業通信法に基づいて総務省で運用されています。携帯は「電波法」に基づく無線機器にあたるため、法律をみたす必要からできた制度です。

例えば、「GEOモバイル」や「じゃんぱら」はホームページで総務省登録修理事業者であることを明記しており、信用できると考えられます。また、アフターサポートも充実しているため、もしもの場合にも対応が期待できるでしょう。

iPhoneの修理に対するAppleの姿勢はアメリカで「修理する権利」が叫ばれた結果、軟化する傾向にありますが、日本ではまだそれほどではありません。iPhoneの正規プロバイダに修理を予約するApple公式アプリもありますので、自分の要求にあった修理方法を選択したいところです。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Apple
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

次期iOSはiPhone間の通話が無料に?個人間の送金が可能に?

海外のネット掲示板に次期iOSである「iOS11」の情報が書き込まれました。信ぴょう性については確かなものではありませんが、以前からリークされていた機能と適合しており、興味深いものとなっています。 A …

現在の気温

iOS11.0.2がリリース。iPhone 8シリーズへのアップデート

Appleは矢継ぎ早にiOS11.0.2をリリースしました。一番大きな改善は「ごく一部のiPhone 8および8 Plusのデバイスで通話中にパチパチという雑音が入る問題」が修正されたことです。その他 …

iPhone8パネル画像

「iPhone 8(仮称)」の最新情報まとめ。防水、ワイヤレス充電、顔認証…

しばらくの間、10周年記念モデルとなる「iPhone 8(仮称)」の新しい情報は途絶えていましたが、ここへきてまた増えてきました。その内容は、防水機能、ワイヤレス充電を裏付ける情報に加え、Touch …

イギリス・マンチェスターでの自爆テロの中、iPhone 6が女性の命を救っていた…!

アリアナ・グランデさんのコンサート公演後のマンチェスターで、自爆テロが発生し22人が死亡しました。現在もその被害が伝えられてきます。アリアナさんはツアーを一時中断し、マンチェスターでの慈善公演を行うと …

手帳型ケース

ベゼルレスの「iPhone 8」にケースをつけるとどんな感じ?

だいたいの噂が出揃った感のある「iPhone 8(仮称)」はベゼルレス。画面の端がほとんどないEdge-to-Edgeのディスプレイになることがわかっています。そのiPhone 8にケースをつけるとど …