激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

Apple

非正規のiPhone修理業者が逮捕される。非正規修理にかかるリスクとは…?

投稿日:

産経Westによると京都市下京区の携帯電話修理会社の社長ら四人を逮捕したと京都府警からの発表がありました。容疑は偽のアップルロゴがかかれたiPhoneバッテリーや、充電器を所持していた疑い。非正規にiPhoneを修理することは違法ではありませんが、リスクはあります。

スポンサーリンク

修理業者逮捕の詳細

押収された部品

出典:産経West

容疑者が運営するのは京都市内や大津市内で4店舗を運営する「Apple’s Doctor」で、アップルロゴの入った偽の修理部品を所持していました。写真が押収された部品になりますが、写真からわかるのはAppleのロゴが入った背面パネルがあります。これはApple社側から「偽物が売られている」という情報提供から逮捕に至りました。

iPhoneを非正規に修理するリスク

iPhoneの修理は高額な上に、待たされることが多いため、非正規の修理業者が多く存在します。そこで修理を行った場合、Appleの正規の保証は受けられなくなる可能性があります。また、その修理によって不具合が発生することもあるでしょう。

これを避けるには、ある程度信用のおける業者を選ぶことで回避することができると考えられます。「総務省登録修理業者」という制度が電気事業通信法に基づいて総務省で運用されています。携帯は「電波法」に基づく無線機器にあたるため、法律をみたす必要からできた制度です。

例えば、「GEOモバイル」や「じゃんぱら」はホームページで総務省登録修理事業者であることを明記しており、信用できると考えられます。また、アフターサポートも充実しているため、もしもの場合にも対応が期待できるでしょう。

iPhoneの修理に対するAppleの姿勢はアメリカで「修理する権利」が叫ばれた結果、軟化する傾向にありますが、日本ではまだそれほどではありません。iPhoneの正規プロバイダに修理を予約するApple公式アプリもありますので、自分の要求にあった修理方法を選択したいところです。

-Apple
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

price

新「iPad」は順当に進化しつつ、歴代最安値!?今わかっていることをまとめました。

3月25日から発売開始される新「iPad」。Air 2から無印になりました。性能としては順当に進化しつつ、価格も安い。性能面で今わかっていることと、歴代iPadの価格を比較してみます。 スポンサーリン …

2.5D

次期iPhoneは曲面ディスプレイではなく、2.5Dと呼ばれるなめらかな画面になる?

次期iPhoneのリーク情報を次々と出てきています。MacRumorsによると、次期iPhoneはSamsungのGalaxy S7 edgeのような典型的な曲面ディスプレイにはならないだろうと言われ …

完成したポスター

新「iPad Pro」登場!もうiPad ProがあればPhotoshopは要らないんじゃない!?

WWDC2017で新しい「iPad Pro」が発表されました。詳細は他へゆずるとして、筆者が驚いたのは「iPad Proでここまでできるのか?」というデモンストレーションの内容です。Photoshop …

Apple Payに対応するクレジットカードが8社追加。合計20社でさらに便利に。

モバイル決済サービスの黒船「Apple Pay」が好調な滑り出しをみせています。 3月1日にはさらに8社のクレジットカードがApple Payに対応しました。 スポンサーリンク 新たに対応したクレジッ …

イギリス・マンチェスターでの自爆テロの中、iPhone 6が女性の命を救っていた…!

アリアナ・グランデさんのコンサート公演後のマンチェスターで、自爆テロが発生し22人が死亡しました。現在もその被害が伝えられてきます。アリアナさんはツアーを一時中断し、マンチェスターでの慈善公演を行うと …