非正規のiPhone修理業者が逮捕される。非正規修理にかかるリスクとは…?

Apple

非正規のiPhone修理業者が逮捕される。非正規修理にかかるリスクとは…?

投稿日:

産経Westによると京都市下京区の携帯電話修理会社の社長ら四人を逮捕したと京都府警からの発表がありました。容疑は偽のアップルロゴがかかれたiPhoneバッテリーや、充電器を所持していた疑い。非正規にiPhoneを修理することは違法ではありませんが、リスクはあります。

スポンサーリンク

修理業者逮捕の詳細

押収された部品

出典:産経West

容疑者が運営するのは京都市内や大津市内で4店舗を運営する「Apple’s Doctor」で、アップルロゴの入った偽の修理部品を所持していました。写真が押収された部品になりますが、写真からわかるのはAppleのロゴが入った背面パネルがあります。これはApple社側から「偽物が売られている」という情報提供から逮捕に至りました。

iPhoneを非正規に修理するリスク

iPhoneの修理は高額な上に、待たされることが多いため、非正規の修理業者が多く存在します。そこで修理を行った場合、Appleの正規の保証は受けられなくなる可能性があります。また、その修理によって不具合が発生することもあるでしょう。

これを避けるには、ある程度信用のおける業者を選ぶことで回避することができると考えられます。「総務省登録修理業者」という制度が電気事業通信法に基づいて総務省で運用されています。携帯は「電波法」に基づく無線機器にあたるため、法律をみたす必要からできた制度です。

例えば、「GEOモバイル」や「じゃんぱら」はホームページで総務省登録修理事業者であることを明記しており、信用できると考えられます。また、アフターサポートも充実しているため、もしもの場合にも対応が期待できるでしょう。

iPhoneの修理に対するAppleの姿勢はアメリカで「修理する権利」が叫ばれた結果、軟化する傾向にありますが、日本ではまだそれほどではありません。iPhoneの正規プロバイダに修理を予約するApple公式アプリもありますので、自分の要求にあった修理方法を選択したいところです。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-Apple
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

PIX

iPhone、iPadで地デジを視聴・録画できるチューナー「PIX-DT350」が便利かも?

iPhoneやiPadにはチューナーが内蔵されていないので、もちろんのことですが、地デジの放送を観ることができません。観ようと思えば外付けのチューナーを買うことになるのですが、使い勝手はどうなのでしょ …

ポケモンGOのプレイ画面

「WWDC 2017」でiPhoneの新機能「AR(拡張現実)」を発表。Appleの本気度をみた!!

AppleはiPhoneやiPadの次期OSである「iOS11」に新たな開発環境「ARKit」を提供すると発表しました。iOS11は数億のiPhoneやiPadで動く「世界最大のARプラットフォーム」 …

コントロールセンター

「iOS11」のパブリックベータ配布開始!早速インストールした!

【注意】:このたびの「iOS11」のパブリックベータ版ですが、もとに戻せないことが発覚しました。インストールする際には細心の注意を払って自己責任でお願いします。 秋に正式配信される「iOS11」のパブ …

3Dモデルへ

3DCGを手書きできるApple「ARKit」の潜在能力

Appleが「ARKit」拡張現実アプリの開発キットをデベロッパー向けに公開してから、様々なアプリの試作品か公開されました。今回、公開されたのは3Dの物体を手書きできるペイントアプリ。ソースコードの解 …

「次期iPhone」のメインはディスプレイの変更か。大画面搭載とバッテリーの情報も。

最近になって次期iPhoneの噂が続々とリークされています。その中でも大きな噂が「次期iPhoneは1000ドルを超えるかもしれない」ということ。もう買えるレベルではないスマホになってしまうのか…? …