激変するモバイル業界をキャッチアップ

Apple

iOS11では古いアプリ約20万個が利用できなくなる?64bit完全移行に伴う影響。

投稿日:

現在のiOS10は64bitのメモリを利用できるOSですが、32bitのメモリしか利用できない古いアプリも特別にサポートしています。これがiOS11になって特別サポートがなくなった場合の影響について調査会社のSensor Towerの報告がありました。いったいどうなるのでしょうか。

スポンサーリンク

32bitアプリと64bitアプリの違い

store

出典:GIZMODE

まだそれほどメモリ(RAM)を必要としなかった頃、全てのアプリは32bitまでのメモリを使うアプリで十分でした。それで使えるメモリの量は概算で、4GBまで使えます。近年、どんどんとメモリ利用量が増えているため、もっと多くのメモリが使えるよう、iPhone5sの頃から64bitアプリへ移行することが、アプリ製作者に対して推奨されてきました。

64bitアプリになると、アプリ同士で172億GBまでのメモリを分けあって使うことができます。そこまで搭載されることはしばらくありませんが、8GBのメモリを搭載しているスマートフォンがある時代になっています。64bitアプリへの移行が推奨されてきたのは、そういう背景がありました。

iOS11の64bit完全移行に伴う影響は?

冒頭に書いたように、これまで32bitアプリを「特別に」サポートしてきました。それがiOS11では32bitアプリをサポートしないだろうと言われています。それに伴う影響がどの程度あるのか、調査会社のSensor Towerが調査をしました。

調査結果によると、約20万個ものアプリが利用できなくなるとのこと。これはAppleから再三に渡りアプリ製作者に通知されているにも関わらず、既にサポートを終了していたり、アップデートを終了してしまった古いアプリがあるからです。

自分が使っているアプリに影響はあるのか?

32bit
現在、全ての32bitアプリには上にあるような警告が出るようになっています。「このアプリは将来のiOSで動作しません」という警告です。自分の使っているアプリにこの警告が出ていないようであれば、問題はありません。

古くから使っていて愛着のある32bitアプリであれば、この先も使い続けたいと思っているユーザーがいるかもしれません。しかし、完全64bit化の流れは変えられませんので、早めに代わりとなるアプリを探す方が良いと思われます。

-Apple
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

中古スマホ取り扱い店「じゃんぱら」がiPhoneの修理サービスを開始。そのメリットは?

中古パソコン、スマートフォンなどを取り扱う「じゃんぱら」が、iPhoneの修理サービスを開始しました。特別珍しいことではありませんが、使い方によっては便利だと思われます。そのサービスをご紹介します。 …

RED

「iOS10.3」にするとiPhoneが速くなる??実際はどうなのか調べてみた

先日アップデートされた「iOS10.3」。アップデートしてから「iPhoneの操作が軽くなった!」という声が聞こえてきました。今回のアップデートにはファイルシステムの変更が行われています。そのため注意 …

Display

iPhoneのガラス修理をどこに頼んでもOKに。ポリシー変更が複数の情報元からリークされる。

iPhoneで一番困るのが「ガラス割れ」。修理してくれる業者もありますが、そうなるとAppleの保証対象外になるのが難点でした。しかし、そのポリシーが変更されるという情報がリークされました。 スポンサ …

2.5D

次期iPhoneは曲面ディスプレイではなく、2.5Dと呼ばれるなめらかな画面になる?

次期iPhoneのリーク情報を次々と出てきています。MacRumorsによると、次期iPhoneはSamsungのGalaxy S7 edgeのような典型的な曲面ディスプレイにはならないだろうと言われ …

「次期iPhone」のメインはディスプレイの変更か。大画面搭載とバッテリーの情報も。

最近になって次期iPhoneの噂が続々とリークされています。その中でも大きな噂が「次期iPhoneは1000ドルを超えるかもしれない」ということ。もう買えるレベルではないスマホになってしまうのか…? …