激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

Apple

iOS11では古いアプリ約20万個が利用できなくなる?64bit完全移行に伴う影響。

投稿日:

現在のiOS10は64bitのメモリを利用できるOSですが、32bitのメモリしか利用できない古いアプリも特別にサポートしています。これがiOS11になって特別サポートがなくなった場合の影響について調査会社のSensor Towerの報告がありました。いったいどうなるのでしょうか。

スポンサーリンク

32bitアプリと64bitアプリの違い

store

出典:GIZMODE

まだそれほどメモリ(RAM)を必要としなかった頃、全てのアプリは32bitまでのメモリを使うアプリで十分でした。それで使えるメモリの量は概算で、4GBまで使えます。近年、どんどんとメモリ利用量が増えているため、もっと多くのメモリが使えるよう、iPhone5sの頃から64bitアプリへ移行することが、アプリ製作者に対して推奨されてきました。

64bitアプリになると、アプリ同士で172億GBまでのメモリを分けあって使うことができます。そこまで搭載されることはしばらくありませんが、8GBのメモリを搭載しているスマートフォンがある時代になっています。64bitアプリへの移行が推奨されてきたのは、そういう背景がありました。

iOS11の64bit完全移行に伴う影響は?

冒頭に書いたように、これまで32bitアプリを「特別に」サポートしてきました。それがiOS11では32bitアプリをサポートしないだろうと言われています。それに伴う影響がどの程度あるのか、調査会社のSensor Towerが調査をしました。

調査結果によると、約20万個ものアプリが利用できなくなるとのこと。これはAppleから再三に渡りアプリ製作者に通知されているにも関わらず、既にサポートを終了していたり、アップデートを終了してしまった古いアプリがあるからです。

自分が使っているアプリに影響はあるのか?

32bit
現在、全ての32bitアプリには上にあるような警告が出るようになっています。「このアプリは将来のiOSで動作しません」という警告です。自分の使っているアプリにこの警告が出ていないようであれば、問題はありません。

古くから使っていて愛着のある32bitアプリであれば、この先も使い続けたいと思っているユーザーがいるかもしれません。しかし、完全64bit化の流れは変えられませんので、早めに代わりとなるアプリを探す方が良いと思われます。

-Apple
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

iPadPro

次期iPad Proは10.5インチ画面ながらも、9.7インチと同じサイズのモデルが追加される?

Appleが今年発売するとされている次期iPad Proですが、現行のラインナップに加えて10.5インチのモデルが追加されるとの情報が各所から上がっています。 スポンサーリンク サイズは9.7インチモ …

APP

「iOS10.3」で今後動かなくなるアプリをチェック!自分のiPhoneをチェックしてみたところ…

AppleはiPhoneの「64bit化」を推し進めています。iPhone5以前に作られた古いアプリは「32bit版iOS」に合わせて作られています。そしてiOS11では完全「64ibt版iOS」とな …

新「iPhone SE」が発売決定。Y!mobileとUQ mobileが、すぐにiPhone込みのプランを発表。

iPhone SEのマイナーチェンジがAppleより発表されました。価格はそのままで容量が倍の「32Gモデル」と「128Gモデル」。それに呼応して、Y!mobileとUQ mobileがiPhone …

なぜ「iOS10.3.1」がこれほど早くリリースされたのか?アップデートが必要な理由が判明。

Appleは「iOS10.3.1」を4月4日にリリースしました。しかし、iOS10.3のリリースから1週間しか経っていません。なぜこれほど急いでアップデートをしたのでしょうか。それはWi-fiの脆弱性 …

押収された部品

非正規のiPhone修理業者が逮捕される。非正規修理にかかるリスクとは…?

産経Westによると京都市下京区の携帯電話修理会社の社長ら四人を逮捕したと京都府警からの発表がありました。容疑は偽のアップルロゴがかかれたiPhoneバッテリーや、充電器を所持していた疑い。非正規にi …