iPhone

Apple、非正規の修理でiPhoneを利用不可にするアップデートは、不当だと訴えられる。

オーストラリアの公正取引委員会(ACCC)がアップルを訴えました。これは日本にも関係してくる話になるかもしれません。これは非正規の修理をしたiPhoneがアップデートによって「文鎮化」され使えなくなるのは違法だという訴えです。

スポンサーリンク

オーストラリアの主張

iPhone

出典:GIZMODO

これは2014年9月から2016年2月にかけて、iPhoneやiPadの修理を非正規いわゆるサードパーティに依頼した端末が、アップデートすると「文鎮化」一切利用ができなくなるため、事実上アップデートできなくなったというもの。

ACCCはこのような声明文を出しています。「オーストラリア消費者法はメーカーの保証とは無関係に存在し、第三者による修理などで消費者保証の権利が剥奪されるべきではない。それは消費者に影響を及ぼすだけでなく、メーカーの独占状態を生み、正当な競争が妨げられる可能性もある」

エラー53問題

これと同じようなことは、以前アメリカでも発生し「エラー53問題」と呼ばれました。これはiPhoneの指紋認証付きホームボタンを非正規のものに交換した端末が、iOS9へのアップデートで一切、操作できなくなったというもの。訴訟にまで発展しました。

指紋認証データはiPhoneの特別な領域に保存されており、ホームボタンを交換するとApple正規店にしかない特別な機械でペアリングをしなければなりません。このため、現在、非正規でホームボタンを修理する際には細心の注意が必要です。

修理する権利

しかし、iPhoneがなくてはならないものになっている今、非正規による修理の需要は高まっています。日本でも新しく「ミスターミニット」や「じゃんぱら」が修理を行う業者としてサービスを開始しています。現状、修理できる部分はガラス割れなどの一部の修理に限られています。

この需要の高まりから、「iPhoneを修理する権利」が叫ばれいます。「iPhoneの修理を非正規で行って問題が発生した場合、正規店で修理を依頼すれば修理を受け付けてもらえる。」このような方向性で、ポリシー変更が検討されているとのリーク情報があります。しかし、セキュリティの問題も絡んでくるため難しい問題ではあるでしょう。

自分で修理するという手も

自分で修理.comでは自分でiPhone6sまでの画面、バッテリー交換が可能です。手順も動画公開されており、誰でも修理・交換が可能になっています。

基本料金1,333円引きで工事代金は無料
さらに最大8万3,000円キャッシュバック
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー