iPhoneバッテリーバナー

古いiPhoneのバッテリー交換に関して飛びかう憶測!ちょっと整理!

iPhoneバッテリーバナー

Appleがバッテリーの劣化したiPhoneの動作を意図的に遅くしていました。これはユーザーへの説明なしに行われたもので、これに関してAppleは釈明をし、バッテリー交換を値下げして提供しようとしています。一部情報では、既に日本でも交換が始まっていると憶測が飛びかっています。

スポンサーリンク

バッテリー交換に関する現在での確定情報

現在、確定している情報としては、まず、Appleによる公式コメントの内容です。それは以下の二点。

  • バッテリーの交換が必要なiPhone 6以降の製品に対して、保証外の交換費用8,800円を3,200円で提供する。
  • 2018年の初頭にiPhoneのバッテリー状態をユーザーが把握できるわかりやすい機能を提供する。

そして、米国では既にバッテリーの交換費用が値下げされ、提供が始まっています。AppleInsierによると、当日でバッテリー交換が完了しないほど混雑していて、予約が必要になっているようです。スポット調査で12店舗のうち2店舗しか当日対応できないほどの混雑をみせています。

現在で得られている「憶測による」情報

このバッテリー交換は、通常のバッテリー交換対応となる「当初能力の80%」を下回っていなくても、顧客の要求に応じてバッテリー交換をしてもらえるらしいと、MacRumorsは報道しています。

また日本では、「既にバッテリー交換の値下げは始まっている」という報道が一部にあります。実際、3,200円でバッテリーを交換できたユーザーもいるようです。しかしながら、Apple公式ではまだ、交換プログラムの開始はアナウンスされていません。

「憶測により」何が起こっているのか

以前、MobaGateでは「iPhone修理補償適用マニュアル」の流出について記事にしたことがあります。これは、例えばディスプレイの傷についても細かな説明がされていて、補償内かどうかの判断ができるようなマニュアルになっています。

しかし、一方で、Appleでは顧客満足に大きな比重を置いています。細かなマニュアルは用意するものの、Apple Storeや修理サービスパートナーの「現場判断」は大きく認められているようです。修理せずに不満を持たせるより、多少のコストがかかっても満足してもらおうという精神です。

憶測による情報つまり、「当初能力の80%」を下回っていなくてもバッテリーの交換が行われるのは現場による総合的な判断と考えられます。また日本でも、公式に3,200円で交換すると発表した現在では、バッテリー交換を要求してくる顧客は必ずいるでしょう。それも現場での判断で行われていると思われます。

公式の発表を待ってからでも遅くはない

筆者の意見としては、少し落ち着いて公式の発表を待って欲しいと考えています。おそらく修理サービスを申し込み、交換して欲しいと強く要求すれば、現場判断で交換してもらえる可能性はあるでしょう。しかしまだ、公式の発表が行われていないのです。

アメリカでのバッテリー交換開始は、あまり良いスタートではなかったでしょう。半ば顧客が押し切るような形、TechCrunchやAppleInsiderがApple本社からの声明を取る形での発表となっています。だからこそ当日に対応できないような混乱をみせているのかもしれません。

現場ではバッテリーの在庫や人員の確保など、準備をしている段階だと思われます。Apple側の責任であるため現場の技術者の立場は苦しいものです。このバッテリー交換の値引きは1年もの間、2018年の12月まで実施されます。公式の発表と手順によってバッテリーの交換をした方が、Appleと顧客の両者にとって良好な結果が得られるのではないでしょうか。

基本料金1,333円引きで工事代金は無料
さらに最大8万3,000円キャッシュバック
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー