【iPhone】電卓を使って割引後の価格を一瞬で計算する裏技!

セールやバーゲンなどで買い物をしているときに、割引後の価格を知りたいということがあると思います。通常であれば、普通に計算して価格を確認すると思います。頭のいい人は暗算でも計算できちゃうかもしれません。しかし、iPhoneの電卓を使えば、スマートに割引後の価格を計算することができます。今回は、iPhoneの電卓を使った割引価格の計算方法をご紹介します。記事の最後に動画でもわかりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク


これまでの計算方法

一般的に価格を計算する場合は割引率から割引価格を計算し、そこから本体価格を引いて計算します。たとえば、8,000円の商品が15%オフで販売されていたとしましょう。その場合の計算式はこちらです。

割引価格:8,000(円) × 0.15(%) = 1,200(円)

割引後価格:8,000(円) – 1,200(円)=6,800(円)

普通ですね!では、iPhoneの電卓を使って計算してみましょう。

スポンサーリンク

iPhoneの電卓を使った場合

まずは、8,000と入力してマイナス(ー)を入力します。

続いて、15と入力して右上のパーセント(%)をタップしてください。

ここで一気に8,000の15%、つまり1,200が表示されます。続けてイコール(=)をタップすると、、、

 

 

一気に6,800という数字が表示できました!

【動画で解説!】【簡単!】割引〇%オフの価格がすぐわかる電卓の便利ワザ!【iPhone】

 

割引価格以外にも生活で役立つ電卓

新しい消費税制度は食品が内食なら8%、外食なら10%というようなややこしい制度になりました。店舗によっては税込みのところもあれば、税別表記表記のところもあります。10%は簡単ですが、8%って意外に計算が面倒くさいのでこういうときにも役立ちそうですね。