iPhone Xのレンズが割れたユーザーが増加!修理はどうする?

米9to5Macの報道によると、ここ数ヶ月で「iPhone Xのカメラレンズが割れた」と申告するユーザーが増えているとのこと。AppleのサポートフォーラムやRedditで訴えられています。原因は不明なものの、修理はどうなるのでしょうか。

スポンサーリンク

落としたことのないiPhone Xのレンズ

iPhone Xが発売されてからしばらく経ちますが、ここ数ヶ月でAppleのサポートフォーラムやアメリカのニュースサイト「Reddit」で「カメラのレンズが割れている」と訴えるユーザーが増えています。

レンズ割れイメージ

ユーザーの不注意で落として割れたのであれば問題は簡単ですが、事態は複雑になっています。あるユーザーはこのように訴えています。

クリスマスの前にiPhone Xを買いました。昨夜、後ろのカメラガラスに亀裂があることを発見しました。iPhoneは常にカバーをつけていて、落としたことなどはありません。Appleストアへ行き修理を頼むと、驚くべきことに549ドル(約6万円)を支払うよう言われました。

このユーザーは寒さが原因で亀裂が入ったと想像しているようです。しかしこのようなユーザーもいます。

寒い地域でこの問題が起きている人もいますが、私はマレーシアに住んでいます。気温は32〜36度で、毎日暑く湿気があります。マレーシアにはAppleストアがなく修理ができません。

そのほか、ハワイに住んでいて、同様にiPhone Xを落としたことのないユーザーからも投稿があります。

スポンサーリンク

Appleのレンズ設計はどうなっているのか

発売当初、AppleはiPhone Xのレンズはサファイアであり、「サファイヤを採用したことにより、充分な純度と硬度を達成している」と言及しています。

9to5Macは「ユーザーはiPhone Xを落としたことはないと主張しているが、それは他の方法でひび割れしているのかもしれない。」そしてこう続けます。「これらの問題は正確に追跡することが難しく、iPhone Xのレンズ割れ問題がどの程度の広がりをみせているのかは不明だ。

「レンズ割れ」の修理はどうすればいいのか

このカメラのレンズを、正確にはレンズのカバーガラスのようですが、修理するために「約6万円」がかかります。ガラスだけを交換するのは難しく、iPhone Xの本体を交換することになるからです。詳細は不明ですが、保証の対象外つまりユーザーの過失として修理になるのかもしれません。

偶然にも、この記事と同日に、9to5Macは「iPhone 6のタッチ操作不能問題は構造に原因があった」ことを報道しています。このいわゆる「タッチ病」はiPhone 6固有の症状で、本体が曲がることによって画面のタッチ操作ができなくなる事象です。

iPhone 6

このiPhone 6が設計された際、iPhone 5sの四角い形状から、うすく角の取れた形状に変更されました。その後、この設計は見直され外装の強化がなされています。今回のiPhone Xも大きな設計変更になっています。設計には何の問題もないとは言い切れないのではないでしょうか。

もし、iPhone Xのカメラガラスが割れて、修理をする際、保証の対象外になるようであれば、この「レンズ割れ」問題の推移を待ったほうがいいかもしれません。原因がはっきりしていないこの問題。今後も増加するようであれば、何らかのプログラムが行われる可能性を否定できないでしょう。