iPhone Xの「Face ID」で遊ぶと危険かもしれない!?

Apple

iPhone Xの「Face ID」で遊ぶと危険かもしれない!?

投稿日: コメント (0)


Face ID

よく似た兄弟の間でFace IDが誤作動し、間違ってしまうという事例が話題になっています。しかし、これは誤作動ではなかったかもしれません。Face IDが学習した結果かもしれないのです。どういうことなのか、お伝えします。

スポンサーリンク

Face IDの「誤学習」

通常であれば、双子の兄弟を見分けられるほどの精度を持つ「Face ID」。しかし、これは本人を何度も認証して学習した結果です。その恩恵として、メガネをかけたり、髪型を変えても認証ができるようなシステムが「出来上がって」いくのです。

顔の似た兄弟の場合、兄のiPhone Xを弟が使ってFace IDでエラーとなっても、「パスコードでアンロック」すれば、兄に似た弟の顔は「本人のものなのだ」とFace IDは学習します。これを何度も繰り返すと、結果的に兄でも弟でもアンロックできる学習がされるかもしれません。今、話題になっている誤動作がこれかどうかは断言できませんが、あり得る仕組みになっています。

Appleのサポートドキュメント

Appleはこのような事象について、Face IDに関するサポートドキュメントの中で触れています。

Face IDで利用するデータは、正しく認識されるたびにアップデートされていきます。似ているが異なると認識された顔でも、その後にパスコードが正しく認識されれば、正しいものとして学習するようになっています。

この仕組みをうまく使うことで、例えば本人が少しずつ痩せていったとしても、毎日使っているのであれば学習し続けられ、日常の使用に問題はなくなるわけです。

実験のような遊びは避けるべき?

Face IDには「Secure Enclave」と呼ばれる「再学習」の仕組みが搭載されています。セキュリティの観点からどのような仕組みかは公開されていませんが、「本人が正しく快適に」使うための仕組みが考えられていて、思わぬ落とし穴にはまるかもしれません。

間違いなく言えることは、自分と似た人で実験してみても、パスコードだけは入力しないでください。

-Apple -,

スポンサーリンク

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加