QuickTimeを使ってFLACをiTunesで聴けるようにする!

FLACをiTunesで聴きたい。しかし、QuickTimeはFLAC対応したのに、iTunesはFLAC対応してくれない!余計なアプリをインストールしたくない!QuickTimeで変換したい!その方法をお伝えします。

スポンサーリンク

QuickTimeを使ってmp4に変換する

QuickTimeはFLACに対応していて再生することができます。この機能を使ってFLACファイルをmp4へ変換します。まずは、QuickTimeで変換したいファイルを開きます。

ファイルを開く

そして「ファイル→書き出す→オーディオのみ」をクリック。

書き出しメニュー

すると保存場所と名前を決める画面になります。ファイル名はそのままでも、拡張子が「m4a」になっています。これは「mp4のオーディオ」という拡張子で基本的にはmp4と同じです。「保存」ボタンをクリックします。

保存画面

変換は一瞬のうちに終わり、m4aのファイルができます。これをiTunesにドロップすると、

ファイル画像

このように聴ける状態になります。

iTunes画面

iPhoneへの同期もできますので、とりあえずiTunesへの対応は完了です。

スポンサーリンク

アルバム名とアートワークも欲しい!

アルバムのジャケットが無いとさみしい…。これを取り込んでみます。iTunesのアルバムを右クリック、「アルバムの情報」をクリックします。

右クリック

そして曲の情報を入力します。

アルバム情報

そして「アルバムアートワークを入手」をクリックすると、

アートワーク入手

ちゃんとアルバムの画像を保存してくれます。iPhoneの画面にもアートワークが表示されるようになります。

めんどう過ぎない?

はい。めんどくさいです。しかし、パソコンをクリーンな状態にしておきたい。フリーウェアとか、あまり使いたくない。そのためにはこのような方法が使えると思います。変換はすぐにできますので、アルバム1枚とりあえず聴けるようにするためにそれほど時間はかかりません。

たくさんのファイルを変換して、タイトルもアルバムアートワークも……というのであれば素直にフリーウェアなどに頼ってしまいましょう。例えばMacですと、「X Lossless Decoder」というフリーウェアがあります。寄付も募集しているので、開発を応援すれば今後もメンテナンスがされるツールになるでしょう。