中古買取のGEOがiPhone修理サービスの事前予約を開始。その前にGEOの修理ってどうなの?

Apple

中古買取のGEOがiPhone修理サービスの事前予約を開始。その前にGEOの修理ってどうなの?

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

中古ゲームや携帯の買取、販売を行うGEOがiPhone修理サービスをネットで事前予約できるようになりました。その前に、GEOのiPhone修理はどのようなサービスになっているのか、お伝えします。

スポンサーリンク

修理メニューの豊富さ

GEOのiPhone修理サービスは修理できる内容が多岐にわたっているのが特徴でしょう。

修理メニュー

iPhone 5s/iPhone 6/iPhone 6Plus/iPhone 6sが修理対象となっていて、ご覧のような様々な部分の故障に対応してくれます。中でも注目すべきは「水没診断」ではないでしょうか。

水没診断

正規の修理ですと、完全に保証対象外となってしまう水没。それを診断してくれるというのです。どこまでの期待ができるのかはわかりません。筆者から伝えられる情報としては「水没したら電源を入れないこと」。電源を入れてしまったら配線がショートして復活の確率が減ります。もしもGEOが近くにあったら持っていくのがいいかもしれません。

対応店舗が多い

全てのGEO店舗が修理できるわけではありません。しかし、対応してくれる店舗を検索すると、かなりの店舗で修理サービスを扱っています。北は北海道から南は沖縄まで。これは心強いでしょう。

その代わりというわけではありませんが、修理にかかる費用は少し割高です。5月1日から6月30日までの間にキャンペーンとしてフロントパネルとバッテリー交換が3,000円の割引となっています。

続々と増えているiPhone修理サービス

以前、iPhoneの修理は小さなよく知らない店舗で行われることが多かったと思われます。それが最近では「ミスター・ミニット」や「じゃんぱら」など、有名な店舗でも取り扱われるようになりました。今後、iPhoneの構造は複雑になっていくことが予想されますが、どこまで正規の代わりとして使えるのか、チェックしていきます。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Apple
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「Space Qube」からAppleをかたるフィッシングメールが増加中!

請求書やIDの不備を指摘するメールを装い、Apple IDを不正に入手しようとする「フィッシングメール」が増加しています。基本的には英語で送られてきますが、過去には日本語のものもありました。このような …

経年劣化

これは補償対象内?iPhoneの修理補償適用マニュアルが流出

「iPhoneを落としてガラスが割れた」よくある故障ではないでしょうか。これは保証期間内であれば、3,400円を別途支払うことで修理をしてもらえます。では他の故障は?その故障が修理保証の適用範囲内かど …

RED

「iOS10.3」にするとiPhoneが速くなる??実際はどうなのか調べてみた

先日アップデートされた「iOS10.3」。アップデートしてから「iPhoneの操作が軽くなった!」という声が聞こえてきました。今回のアップデートにはファイルシステムの変更が行われています。そのため注意 …

iPhone SE

顧客満足度で「iPhone SE」がトップに。性能も価格もちょうどいい?

アメリカの調査会社による発表になりますが、2017年5月に発表されたデータによると、「iPhone SE」が「iPhone 7 Plus」や「Galasy S6 Edge+」などを抑え、顧客満足度で1 …

緊急SOS画面

iOS11の「緊急SOS」ではTouch IDをオフにできる。警察への対抗処置?

アメリカでは旅行者に対して、iPhoneの指紋認証でロックを解除することを強要することがあります。iOS11の「緊急SOS」ではTouch IDを瞬時に無効にし、パスコードで守ることができます。これは …