激変するモバイル業界をキャッチアップ

Apple

中古買取のGEOがiPhone修理サービスの事前予約を開始。その前にGEOの修理ってどうなの?

投稿日:

中古ゲームや携帯の買取、販売を行うGEOがiPhone修理サービスをネットで事前予約できるようになりました。その前に、GEOのiPhone修理はどのようなサービスになっているのか、お伝えします。

スポンサーリンク

修理メニューの豊富さ

GEOのiPhone修理サービスは修理できる内容が多岐にわたっているのが特徴でしょう。

修理メニュー

iPhone 5s/iPhone 6/iPhone 6Plus/iPhone 6sが修理対象となっていて、ご覧のような様々な部分の故障に対応してくれます。中でも注目すべきは「水没診断」ではないでしょうか。

水没診断

正規の修理ですと、完全に保証対象外となってしまう水没。それを診断してくれるというのです。どこまでの期待ができるのかはわかりません。筆者から伝えられる情報としては「水没したら電源を入れないこと」。電源を入れてしまったら配線がショートして復活の確率が減ります。もしもGEOが近くにあったら持っていくのがいいかもしれません。

対応店舗が多い

全てのGEO店舗が修理できるわけではありません。しかし、対応してくれる店舗を検索すると、かなりの店舗で修理サービスを扱っています。北は北海道から南は沖縄まで。これは心強いでしょう。

その代わりというわけではありませんが、修理にかかる費用は少し割高です。5月1日から6月30日までの間にキャンペーンとしてフロントパネルとバッテリー交換が3,000円の割引となっています。

続々と増えているiPhone修理サービス

以前、iPhoneの修理は小さなよく知らない店舗で行われることが多かったと思われます。それが最近では「ミスター・ミニット」や「じゃんぱら」など、有名な店舗でも取り扱われるようになりました。今後、iPhoneの構造は複雑になっていくことが予想されますが、どこまで正規の代わりとして使えるのか、チェックしていきます。

-Apple
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Display

iPhoneのガラス修理をどこに頼んでもOKに。ポリシー変更が複数の情報元からリークされる。

iPhoneで一番困るのが「ガラス割れ」。修理してくれる業者もありますが、そうなるとAppleの保証対象外になるのが難点でした。しかし、そのポリシーが変更されるという情報がリークされました。 スポンサ …

clips4

Apple渾身の動画作成アプリ「Clips」を早速使ってみた。これはすごい!楽しい!

3月21日に突然発表されたApple制作の動画作成アプリ「Clips」。正式にリリースされましたので、早速使ってみました。これはすごい。とても簡単という言葉では済まないほど、新しい体験として動画を作成 …

「次期iPhone」のメインはディスプレイの変更か。大画面搭載とバッテリーの情報も。

最近になって次期iPhoneの噂が続々とリークされています。その中でも大きな噂が「次期iPhoneは1000ドルを超えるかもしれない」ということ。もう買えるレベルではないスマホになってしまうのか…? …

Mac

iPhoneで「Macintosh」が動くよ!あまりの懐かしさに震える人続出!

古いソフトウェアをフリーのライブラリにする「Archive.org」が、「Macintosh」を公開しました。なんと、iPhoneの中でMacintoshが動くという、未来なのか過去なのか、わからない …

PIX

iPhone、iPadで地デジを視聴・録画できるチューナー「PIX-DT350」が便利かも?

iPhoneやiPadにはチューナーが内蔵されていないので、もちろんのことですが、地デジの放送を観ることができません。観ようと思えば外付けのチューナーを買うことになるのですが、使い勝手はどうなのでしょ …