中古スマホで売買されるほとんど全てが「iPhone」!

Apple

中古スマホで売買されるほとんど全てが「iPhone」!

投稿日: コメント (0)


ゲオは全国のゲオショップ・ゲオモバイル約1,200店で取り扱った中古スマートフォンを集計した「ゲオ中古スマートフォン2017年間ランキング」を発表しました。結果をみてみるとトップ10のほとんど全てが「iPhone」という結果になっています。

スポンサーリンク

中古スマートフォン販売ランキング

販売ランキング

これに対してのゲオのコメントは「iPhone 5・iPhone 5sがベスト10を独占していた2016年のランキングと同様に、2017年も3~4世代前のiPhone 5s・iPhone 6がほとんどを占めています。比較的古い機種でも安価でiPhoneが使えるという点で人気を集めています。」

確かに、iOS11がリリースされましたが、iPhone 5sからの対応となっています。発売が2013年にも関わらずいまだに現役で使えるというアドバンテージはあるでしょう。しかもiPhoneですので、使い勝手にもほとんど違いがありません。

中古スマートフォン買取ランキング

買取ランキング

「年間ではiPhone 6・iPhone 5sが中心ですが、2世代前のiPhone 6sは9月のiPhone 8発売以降活発化しました。特にiPhone Ⅹが発売された11月に買い替え需要が大きくなり、ピークが到来しました。」とのコメント。

おそらく2年間の分割払いが終了したタイミングで中古で売り、iPhone 8シリーズ、iPhone Xに移行したのでしょう。もはやiPhoneの経済圏のようなものが出来上がっていて、その人気の高さがうかがえます。

これからの中古iPhone需要

格安SIMへ移行するにあたって、中古のiPhoneを利用することは大いに考えられます。まだまだ大きな流れとは言えない格安SIMですが、格安SIM事業者自体がiPhone 6sとセットでSIMを販売しているところもあります。格安SIMを検討するユーザーにとっては魅力がある、中古iPhone市場の需要は高そうです。

参考URL:ITmedia

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-Apple
-, ,

スポンサーリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

関連記事

バッテリーテスト

iOS11.1ではバッテリー容量が最大4時間ほど伸びる模様!

iOS11.1のパブリックベータ5がリリースされました。早速インストールしてみましたが、特に大きな変更点はなく、バグ修正のアップデートのようです。しかしこのiOS11.1では、iOS11で言われている …

携帯乗り換えバナー

iPhoneに乗り換えたい?Appleが下取りキャンペーン

アップルは8月10日、ガラケーからiPhoneへの乗り換えを提案するテレビCMを公開しました。それに合わせて、特設ページを用意、今ならガラケーも他社スマホも下取り価格が増額されています。 わずか「1文 …

iPhoneX

iPhoneの10周年スペシャルモデル「iPhone X」は9月に発売される可能性が高い!?

次期iPhoneの高級モデルは「iPhone8」「iPhone Pro」「iPhone X」など様々な名前が予測されています。iPhone発売開始から10周年を迎える記念モデル。その発売は9月になるだ …

画像認識広告

Appleが買収したのは音楽認識アプリ「Shazam」だけではない!

Appleは現地時間12月11日に音楽認識アプリを提供するShazamを買収したと発表しました。正式な買収金額は明らかになっていませんが、大規模な買収となっています。しかし、「Shazam」はすでにi …

作例

新型「iPhone 8 Plus」「iPhone X」のカメラがすごい!

Appleのスペシャルイベントにて、iPhone 8/8 Plus/Xが発表されました。その中で、「iPhone 8 Plus」および「iPhone X」のデュアルカメラ性能についての発表がありました …