【iPhone】ホーム画面のフォルダ名を削除できるブライユ空白とは?

iPhoneのホーム画面は名前の変更ができるのは多くの人が知っているかと思います。でも、「iPhoneのフォルダ名って要る?」と考えているユーザーもいるでしょう。種類が似たアプリばかりインストールすると、似たようなフォルダ名になってしまうこともありますよね。今回は、iPhoneのホーム画面でフォルダ名を削除する裏技をご紹介していきます!最後に動画でわかりやすく解説もしていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク


普通はフォルダ名を削除できない・・・

実は、iPhoneのホーム画面のフォルダ名は削除できないようになっています。試しにフォルダ名を削除してみてください。空欄のまま完了しようとすると元のフォルダ名に強制的に戻されてしまいます。そこで、今回紹介するブライユ空白を使った裏技が役立ちます。

ブライユ空白とは

ブライユ空白というのは別名「ゼロ幅スペース」とも呼ばれているもので、コンピューター上では空白としてみなされるものの、我々ユーザー側から見ると何もないように見える空白のことです。Unicodeと呼ばれる文字コードで表現されますが、これを利用することでiPhoneに擬似的に「文字が入力されている」と錯覚させることができるわけですね。

[⠀] – U+2800

では、実際にやってみましょう。

スポンサーリンク

さっそく使ってみる

まずは、適当に変更したいフォルダを長押しタップして「名称変更」を選択しましょう。

続いて、名前を一度削除します。

 

削除したら、下記のブライユ空白をコピペしましょう。

[⠀] – U+2800

左右の[]を削除してあげて、中央のスペースは残してくださいね。

これで完成です!左下のフォルダ名が削除されているのがわかりますね。


 

動画で解説!【ブライユ空白】iPhoneのフォルダ名を空白にする裏ワザ!!

 

ホーム画面をシンプルにしたい人にはおすすめ

iPhoneはシンプルなUIが特徴のスマートフォンです。ブライユ空白を使えば、通常では不可能な無名フォルダを作成することができるので、アプリフォルダでごちゃごちゃしてしまうのが嫌な人は試してみてください。