「iOS12」のパブリックベータをインストールする方法!

解約違約金、各種手数料も負担!
最大8万3,000円キャッシュバック
最速ネット回線NURO光なら今がお得

Appleは本日、iOS12の最初となるパブリックベータをリリースしました。ここではいち早くiOS12の機能を試してみたいユーザーのためにインストールする方法をお伝えします。

AppleのiOS12ベータテストプログラムに参加する

パブリックベータのテストに参加するためには「Apple ID」をベータプログラムに登録する必要があります。こちらからアクセスし、「登録」ボタンを押します。

ベータプログラム登録

このベータプログラムに参加する契約を交わします。「承諾」をタップします。

ベータプログラム契約

スポンサーリンク

iOS12をインストールする前にiPhoneのバックアップをとる

このiOS12のベータ版ですが、iOS11の時と比べて相当安定しているものの「Twitterアプリが正常に動かない」「バッテリードレインが発生する」などの不具合があります。インストールする場合は自己責任で、またバックアップを取っておくべきでしょう。

バックアップ案内

完全なiPhoneのアーカイブをする方法が案内されています。これと同時に、通常のバックアップも取っておくことを推奨します。

iOS12パブリックベータのプロファイルをインストールする

iPhoneのバックアップが終わったらパブリックベータをインストールする「プロファイル」をインストールします。ベータテストのページからログアウトしている場合には、再度iOSデバイスでアクセスし「サインイン」します。

サインイン

そしてプロファイルをダウンロードします。

プロファイルダウンロード

プロファイルダウンロードを「許可」します。

プロファイル許可

設定アプリが開き、プロファイルのインストール画面となるので「インストール」をタップします。

プロファイルインストール

利用規約が表示されますので、「インストール」をタップします。

プロファイル利用規約

メニューが表示されますので、インストールをタップします。

インストールメニュー

再起動のアナウンスが表示されますので、「再起動」をタップします。

再起動メニュー

iOS12のパブリックベータをインストールする

再起動が終わると、iOS12のインストールに関する準備は完了です。実際にインストールするために、「設定」アプリを開き、「一般」をタップします。

設定メニュー

一般メニューの中から「ソフトウェア・アップデート」をタップします。

一般メニュー

自動的に「iOS12 Public beta」がインストールされます。インストールされなければ「アップデート」をタップしてください。

パブリックベータインストール

その後再起動され、iOS12のパブリックベータにアップデートされます。無事、起動してセキュリティコードの入力画面になれば成功です。

地味ながらも便利になる「iOS12」

iOS12の一番の特徴は「iOS11に比べて40%速い」ということではないでしょうか。太ってしまったiOSをシェイプアップし、キビキビした動きが古いiPhoneにも戻ってきます。その他の機能など記事にしておりますので、参考にしてみてください。

【iOS12】デベロッパーズベータ2リリース!パブリックベータ前にインストール!

iOS12で使える「Siriショートカット」使ってみるとこんな感じ!!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー