「iPhone 8」は画面の色がおかしい?設定を見直してみる

今までiPhoneを使っていて、iPhone 8に機種変更すると「画面の色がおかしい?」と感じるかもしれません。これはiPhone 8が「True Toneディスプレイ」を採用していて、その機能で色が違って見えます。この「True Toneディスプレイ」とはどういうものなのでしょうか。その設定もお伝えします。

スポンサーリンク

iPhone 8の「True Toneディスプレイ」

色には「色温度」というものがあり、画像には「ホワイトバランス」というものがあります。色温度で電球のような暖かい色の照明の下では画像が黄色っぽく、蛍光灯のような冷たい色の下では画像は青っぽく見えます。これを白が人間の目で見て白に見えるように「ホワイトバランス」をとります。

iPhone 8に搭載された「True Toneディスプレイ」では周囲の光を認識して、自動的に画面の「ホワイトバランス」を調整してくれます。今までのiPhoneのディスプレイでは、白は「青っぽい白」であって、それに見慣れたユーザーはその色を白と認識していました。それがホワイトバランスの調整によって「黄色がかった」ように見えてしまうのです。

スポンサーリンク

違和感がひどいようであればオフにする

これは便利な機能のはずです。室内でも屋外でも、周辺光に合わせて色を調整してくれるので、写真を見る時などに真価を発揮するでしょう。いずれ慣れるものだと思いますが、違和感の方が勝ってしまうようであれば、True Tone機能をオフにできます。

「設定」アプリを開き、「画面表示と明るさ」をタップすると「True Tone」のスイッチがあります。オフにする様子を動画(4秒)で観ていただきましょう。

このように見慣れた画面の色になります。

自分の使い方に合わせた設定を

iPhoneは他にホワイトバランスを調整する機能として「Night Shift」という機能があります。これは夜、寝る前に色温度が低くブルーライトの強い画面を見ると睡眠に影響するということから、夜になると色温度の高い黄色がかった画面にしてくれるものです。自分の使い方にあった「色」でiPhoneを使っていきたいところです。

参考URL:アプリオ