激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

Apple

「iOS10.3」で今後動かなくなるアプリをチェック!自分のiPhoneをチェックしてみたところ…

投稿日:

AppleはiPhoneの「64bit化」を推し進めています。iPhone5以前に作られた古いアプリは「32bit版iOS」に合わせて作られています。そしてiOS11では完全「64ibt版iOS」となる予定。すると、古いアプリは使えなくなります。自分のiPhoneは大丈夫だろうと思っていたのですが…

スポンサーリンク

筆者のiPhoneのチェック結果

先日リリースされた「iOS10.3」ではApp互換性のチェック機能が追加されています。「設定」→「一般」→「情報」→「App」の項目から確認できます。互換性に問題ない場合は「App」をタップできなくなっているので、大丈夫ということになります。
APP
ここに表示されているのが、「64bit版iOS」に対応していないアプリです。筆者はアプリをあまりインストールしない主義で、「少ないので大丈夫だろう」と思っていたのですが、結果は…。4つもありました。

マナーカメラは音の鳴らないカメラアプリで、犬をびっくりさせないように便利に使っていたのですが…。驚いたのは幅広く普及している「Eye-Fi」アプリが対応していない!これは盲点でした。

「iOS11」のインパクトは思ったよりも大きそう

iOS11で完全「64bit版iOS」化する予定になっています。Appleはできるだけ古い機種でも最新のiOSが使えるようかなり気を使っています。しかし、ハードウェア自体が古いiPhone5/5c/第4世代iPadはどうなるのでしょうか。


iOS10.3.2のベータ版では、iPhone5/5c/第4世代iPadをサポートする表示がありません。Appleからのアナウンスは今のところないのですが、このままいくと、この3機種はiOS11にアップデートできない可能性があります。

なぜ「64bit版iOS」が必要なのか

iPhoneはメモリ(RAM)やストレージ(例:64Gモデル)など、これからどんどんと拡張されていくでしょう。32bit版iOSだと、メモリは3GBプラスちょっとの容量しか活用できません。iPhone7 Plusがメモリ3GBという分析があるので、これ以上の拡張性がなくなってしまいます。そこで64bit版iOSが必要になってくるのです。

いずれにしても今後使えなくなる可能性のあるアプリをチェックしておいた方がよいでしょう。筆者も代わりのアプリを探すことにします。

-Apple
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

RED

「iOS10.3」にするとiPhoneが速くなる??実際はどうなのか調べてみた

先日アップデートされた「iOS10.3」。アップデートしてから「iPhoneの操作が軽くなった!」という声が聞こえてきました。今回のアップデートにはファイルシステムの変更が行われています。そのため注意 …

カスタムポップアップ

「iOS11」からは「評価をお願いします!」ポップアップは制限される模様。

アプリを使っていていきなり「評価をお願いします!」というポップアップが画面に大きく表示される…こういう経験は誰しもあるのではないでしょうか。「iOS11」からはこのポップアップが制限されるようです。A …

icon

iOS10.3にはまだ気づかれていない機能追加が…それは、アイコンのカスタマイズ機能!

比較的大きな変更がなかったため、あまり注目を集めていないiOS10.3のアップデート。しかし、隠れた機能追加がされています。それは「アイコンのカスタマイズ」機能。今までのiPhoneアプリは1種類のア …

Apple Watchホーム画面

「Apple Watch」は視覚障害者にこそ使って欲しい!そう思える便利な機能。

iPhoneには設定アプリの「アクセシビリティ」で視覚障害者のための機能を豊富に用意しています。項目を読み上げる「Voice Over」機能や、弱視の方のための「ズーム機能」など。これらを「Apple …

ガラス割れ

「ミスターミニット」でiPhoneのガラス割れが修理できる??

合鍵や靴の修理を行っている「ミスターミニット」。駅の近くなどでよくみかけます。そこでiPhoneのガラス割れが修理できることをご存じでしたか?公式にホームページでアナウンスされています。 スポンサーリ …