iOS10.3にはまだ気づかれていない機能追加が…それは、アイコンのカスタマイズ機能!

激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

Apple

iOS10.3にはまだ気づかれていない機能追加が…それは、アイコンのカスタマイズ機能!

投稿日:

比較的大きな変更がなかったため、あまり注目を集めていないiOS10.3のアップデート。しかし、隠れた機能追加がされています。それは「アイコンのカスタマイズ」機能。今までのiPhoneアプリは1種類のアイコンしか提供されませんでした。それが選択できるようになっているのです。

スポンサーリンク

初めて登場した対応アプリ「MLB.com At Bat」

icon

出典:TechCrunch

これは画像を見ていただく方が早いでしょう。アイコンの選択画面が表示されています。2種類のアイコンのどちらかを選択することができます。これであれば、自分のホーム画面にコーディネートされたようなアイコンにできるでしょう。

この機能は大きく公表されるようなことはなく、iOS10.3からひっそりと追加されていました。今後、対応アプリが増えていくことで、ホーム画面の見た目がカスタマイズできるようになりそうです。

Androidはどうなっているのか?

Androidは次期バージョン「Android O」でアイコンを文字通りカスタマイズできるようになります。それは、丸いアイコン→角丸→四角のアイコンと無段階に調整できるようになる予定。iPhoneとは方向性の違う、ユーザーが独自に行うカスタマイズです。

ホーム画面のカスタマイズ

かなり以前の話にはなりますが、筆者はAndroid端末を使っていました。そのホーム画面のカスタマイズ性は魅力的で、画面に大きな時計を貼り付け、仕事の付箋を貼り、便利に使っていました。それがiPhoneになってしばらくは、かなり不便に感じていました。

せめて見た目をと、ホーム画面になじまないアプリは2ページ目に移すなどしていました。これが選択できるようになると、統一感のあるホーム画面になりそうです。これはまだ追加されたばかりの機能ですので、これからに期待しましょう。

-Apple
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Apple Watch対応アプリが次々とサポート終了。Bluetoothの呪縛から逃れられるか?

GoogleマップやAmazonアプリなど、人気のアプリがApple Watchのサポートをしないようになりました。特にアナウンスはなく、ひっそりと対応しなくなっています。これには原因があるのではない …

APP

「iOS10.3」で今後動かなくなるアプリをチェック!自分のiPhoneをチェックしてみたところ…

AppleはiPhoneの「64bit化」を推し進めています。iPhone5以前に作られた古いアプリは「32bit版iOS」に合わせて作られています。そしてiOS11では完全「64ibt版iOS」とな …

Wi-Fiシェアポップアップ

「iOS11」の新機能まとめ!コンパネやGIF対応やFLAC対応まで盛りだくさん!

2017年秋にリリースされる「iOS11」。パブリックベータ版が配布開始となったことで、色々と変更点がわかってきました。NFCの利用がオープンになることは発表されませんでしたが、実装されたことはかなり …

care+

iPhoneなどのAppleCare+の加入期限が30日→1年以内になる可能性あり

日本ではiPhoneなどの購入後、30日以内にAppleCare+を購入する必要がありました。一方でアメリカではそのポリシーの変更があり、1年以内であればAppleCare+を購入できるようにポリシー …

ガラス割れ

「ミスターミニット」でiPhoneのガラス割れが修理できる??

合鍵や靴の修理を行っている「ミスターミニット」。駅の近くなどでよくみかけます。そこでiPhoneのガラス割れが修理できることをご存じでしたか?公式にホームページでアナウンスされています。 スポンサーリ …