「iOS10.3」にするとiPhoneが速くなる??実際はどうなのか調べてみた

Apple

「iOS10.3」にするとiPhoneが速くなる??実際はどうなのか調べてみた

投稿日: コメント (1)


先日アップデートされた「iOS10.3」。アップデートしてから「iPhoneの操作が軽くなった!」という声が聞こえてきました。今回のアップデートにはファイルシステムの変更が行われています。そのため注意が必要なアップデートになりますが、それと関係があるのでしょうか。

スポンサーリンク

iOS10.3で速くなったという声多数


どうやら速くなるのは本当のようです。今回のアップデートではファイルシステムが「Apple File System(APFS)に切り替わりました。これは現在主流のマルチコア、SSDに最適化されたファイルシステムで、その効果により高速化されているようです。

しかし、もう一つ理由がありました。

アニメーションの最適化


AppleのエンジニアであるRenaud Lienhartさんのツイートによると、アニメーションを微調整・短縮し、「速く」感じられるようにしてあるとのこと。これにより実際の速度に加えて、体感も速くなっているようです。

アニメーションと高速化の関係

Appleは「体感」をとても大切にしています。アニメーションでアプリが立ち上がりますが、そのアニメーションの裏でアプリの呼び出しを行なっています。一方のAndroidはとにかくパワーで立ち上げるので「速いけど引っかかる」ような体感となり、印象としては良くないことがあります。

今回のアップデートでファイルやアプリの読み込みが速くなった分、アニメーションも短縮されたのでしょう。いずれにせよ歓迎すべきアップデートです。大きな変更ですのでバックアップを取ってから、そのサクサクiPhoneを体感してみましょう。

-Apple -, , ,

スポンサーリンク

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。


  1. […] 深刻な脆弱性ですので、できるだけ早いアップデートが求められます。しかし、「iOS10.3」ではファイルシステムの変更というかなり大きな変更が加えられています。しっかりとバックアップを取ってから、慎重にアップデートしてください。今のところ、iOS10.3及びiOS10.3.1で深刻なバグの情報はありません。 […]




    0



    0

comment

メールアドレスが公開されることはありません。


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加