激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

Apple

iOS10.3でひそかに大きな改善が。ブラウザのSafariが「身代金ウィルス」にかからない設計に。

投稿日:

Appleは3月27日にiOS10.3をリリースしました。大きな変更点としては、AirPodsを探す、Siriの改善、ファイルシステムの変更などですが、その陰にかくれてブラウザ「Safari」の設計変更が行われていました。これは海外で流行している「身代金ウィルス」に対抗するための変更です。

スポンサーリンク

「身代金ウィルス」とは?

正確に記述するとウィルスではなく「ランサムウェア」という分類になります。主にポルノなど後ろめたいコンテンツを閲覧するユーザーに対して攻撃が仕掛けられます。Safariのポップアップウィンドウの処理方法を悪用して、iPhoneを人質にとります。
popup

出典:Apple Insider

具体的には、ランサムウェアが仕込まれたWebページにiPhoneユーザーをおびき寄せます。そのページを一旦閲覧すると、ポップアップウィンドウが無限に現れSafariが操作できなくなるように。そしてそれを解除するために身代金が要求されます。このポップアップはSafariを再起動してもポップアップするため、ユーザーは一度かかるとSafariでの閲覧ができなくなります。

Safariの設計での対応策

この状態から逃れるためには、Safariを閉じ、Safariの設定から「履歴とWebサイトデータを消去」する必要がありました。しかし、iPhoneの設定に詳しくないユーザーには難しい操作でしょう。iOS10.2ではポップアップが「Safari全体で」処理されていたためこうするしかないのです。

iOS10.3からポップアップの処理を「各ページタブ内で」処理するよう変更されました。これであれば、他のタブでSafariでの閲覧ができます。ポップアップしているタブを閉じてしまえば、「身代金を払わないといけない」状況にはならないと思われます。

日本でも流行する可能性

このような身代金ウィルスは、既にWindowsパソコンで日本人に向けた攻撃が行われています。iPhoneに対する攻撃は今のところ海外が主流ですが、いつ日本にも向けられるかわかりません。iOSのアップデートには機能追加とともにこのようなセキュリティパッチも含まれるため、できるだけ最新のものにアップデートしておく必要があるでしょう。

参考URL:Apple Insider

-Apple
-, , ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

カスタムポップアップ

「iOS11」からは「評価をお願いします!」ポップアップは制限される模様。

アプリを使っていていきなり「評価をお願いします!」というポップアップが画面に大きく表示される…こういう経験は誰しもあるのではないでしょうか。「iOS11」からはこのポップアップが制限されるようです。A …

iPhone8

iPhone8は「画面割れ」の修理が勝手にできなくなるかも?

iPhoneユーザーの永遠の悩み「画面割れ」ですが、どこの業者でも修理できるようになるかもしれないとお伝えしたところです。しかしiPhone8になると、Appleでしか修理できないようになってしまうか …

2.5D

次期iPhoneは曲面ディスプレイではなく、2.5Dと呼ばれるなめらかな画面になる?

次期iPhoneのリーク情報を次々と出てきています。MacRumorsによると、次期iPhoneはSamsungのGalaxy S7 edgeのような典型的な曲面ディスプレイにはならないだろうと言われ …

Mac

iPhoneで「Macintosh」が動くよ!あまりの懐かしさに震える人続出!

古いソフトウェアをフリーのライブラリにする「Archive.org」が、「Macintosh」を公開しました。なんと、iPhoneの中でMacintoshが動くという、未来なのか過去なのか、わからない …

押収された部品

非正規のiPhone修理業者が逮捕される。非正規修理にかかるリスクとは…?

産経Westによると京都市下京区の携帯電話修理会社の社長ら四人を逮捕したと京都府警からの発表がありました。容疑は偽のアップルロゴがかかれたiPhoneバッテリーや、充電器を所持していた疑い。非正規にi …