iOS10.3でひそかに大きな改善が。ブラウザのSafariが「身代金ウィルス」にかからない設計に。

Apple

iOS10.3でひそかに大きな改善が。ブラウザのSafariが「身代金ウィルス」にかからない設計に。

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

Appleは3月27日にiOS10.3をリリースしました。大きな変更点としては、AirPodsを探す、Siriの改善、ファイルシステムの変更などですが、その陰にかくれてブラウザ「Safari」の設計変更が行われていました。これは海外で流行している「身代金ウィルス」に対抗するための変更です。

スポンサーリンク

「身代金ウィルス」とは?

正確に記述するとウィルスではなく「ランサムウェア」という分類になります。主にポルノなど後ろめたいコンテンツを閲覧するユーザーに対して攻撃が仕掛けられます。Safariのポップアップウィンドウの処理方法を悪用して、iPhoneを人質にとります。
popup

出典:Apple Insider

具体的には、ランサムウェアが仕込まれたWebページにiPhoneユーザーをおびき寄せます。そのページを一旦閲覧すると、ポップアップウィンドウが無限に現れSafariが操作できなくなるように。そしてそれを解除するために身代金が要求されます。このポップアップはSafariを再起動してもポップアップするため、ユーザーは一度かかるとSafariでの閲覧ができなくなります。

Safariの設計での対応策

この状態から逃れるためには、Safariを閉じ、Safariの設定から「履歴とWebサイトデータを消去」する必要がありました。しかし、iPhoneの設定に詳しくないユーザーには難しい操作でしょう。iOS10.2ではポップアップが「Safari全体で」処理されていたためこうするしかないのです。

iOS10.3からポップアップの処理を「各ページタブ内で」処理するよう変更されました。これであれば、他のタブでSafariでの閲覧ができます。ポップアップしているタブを閉じてしまえば、「身代金を払わないといけない」状況にはならないと思われます。

日本でも流行する可能性

このような身代金ウィルスは、既にWindowsパソコンで日本人に向けた攻撃が行われています。iPhoneに対する攻撃は今のところ海外が主流ですが、いつ日本にも向けられるかわかりません。iOSのアップデートには機能追加とともにこのようなセキュリティパッチも含まれるため、できるだけ最新のものにアップデートしておく必要があるでしょう。

参考URL:Apple Insider

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Apple
-, , ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

RED

「iOS10.3」にするとiPhoneが速くなる??実際はどうなのか調べてみた

先日アップデートされた「iOS10.3」。アップデートしてから「iPhoneの操作が軽くなった!」という声が聞こえてきました。今回のアップデートにはファイルシステムの変更が行われています。そのため注意 …

携帯乗り換えバナー

iPhoneに乗り換えたい?Appleが下取りキャンペーン

アップルは8月10日、ガラケーからiPhoneへの乗り換えを提案するテレビCMを公開しました。それに合わせて、特設ページを用意、今ならガラケーも他社スマホも下取り価格が増額されています。 Apple …

iPhone8バンドルセット

次期「iPhone 8」にはApple MusicとiCloudがついてくる!?

高価になり過ぎるのではないかと噂されている「iPhone 8」。Appleはその問題を解決する方法を採用するかもしれないと、Barclaysのアナリストチームが発表しました。それはApple Musi …

現在の気温

iOS11.0.2がリリース。iPhone 8シリーズへのアップデート

Appleは矢継ぎ早にiOS11.0.2をリリースしました。一番大きな改善は「ごく一部のiPhone 8および8 Plusのデバイスで通話中にパチパチという雑音が入る問題」が修正されたことです。その他 …

Display

iPhoneのガラス修理をどこに頼んでもOKに。ポリシー変更が複数の情報元からリークされる。

iPhoneで一番困るのが「ガラス割れ」。修理してくれる業者もありますが、そうなるとAppleの保証対象外になるのが難点でした。しかし、そのポリシーが変更されるという情報がリークされました。 Appl …