iOS11.1正式版リリース!バッテリー消費改善に期待!

Apple

iOS11.1正式版リリース!バッテリー消費改善に期待!

投稿日:2017年11月1日 更新日: コメント (0)


Appleは現地時間10月31日にiOS11.1の正式版をリリースしました。これには様々なバグ修正のほか、重要なセキュリティアップデートも含まれています。また、先日お伝えしたように、このアップデートによってバッテリー消費の改善が期待できます。

スポンサーリンク

バグ修正と重要なセキュリティパッチ

iOS11.1

このiOS11.1には様々なバグ修正が含まれていますが、特に注目したいのは「KRACK」と呼ばれるWi-Fiの脆弱性に対するセキュリティアップデートです。KRACK攻撃がどんなものであるかはこちらの記事を参照してください。かなり影響の大きな脆弱性ですので、可能であればiOS11.1にアップデートした方がいいでしょう。

バッテリー消費が改善か?

これは非公式な情報であるものの、iOS11.1のパブリックベータ版で「バッテリーが最大4時間長くもつ」という結果のテストがあります。今回の正式版iOS11.1をインストールするとバッテリー消費の問題が解決するかもしれません。

Bluetooth設定

上の画像を見ていただければわかると思いますが、コントロールセンターからBluetoothをオフにしても完全にオフにならない仕様はそのままです。Bluetooth接続が不必要であれば、「設定」アプリの「Bluetooth」からオフにすると間違いなくバッテリー消費は改善します。Bluetoothがオフになると、コントロールセンターはこのようになります。

コントロールセンター

画面表示と設定内容の差異

Bluetoothがオフになっていないのに、ホーム画面ではオフになっているように見える。これはセキュリティの観点からも問題があるという指摘があります。今回Wi-Fiに脆弱性がみつかったように、Bluetoothにも脆弱性があるからです。このままの仕様が続くのか。注視したいところです。

いずれにしても、Wi-Fiの脆弱性が修正されていますので、できるだけ早くにアップデートした方が良いでしょう。

-Apple -, ,

スポンサーリンク

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加