iOS11の「緊急SOS」ではTouch IDをオフにできる。警察への対抗処置?

Apple

iOS11の「緊急SOS」ではTouch IDをオフにできる。警察への対抗処置?

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

アメリカでは旅行者に対して、iPhoneの指紋認証でロックを解除することを強要することがあります。iOS11の「緊急SOS」ではTouch IDを瞬時に無効にし、パスコードで守ることができます。これは警察への対抗なのか?日本でも将来関係してくるかもしれません。

スポンサーリンク

iOS11の「緊急SOS」

iOS11の「設定」アプリには「緊急SOS」という項目があります。本来、素早く緊急通報(日本では110番)に電話をかける機能ですが、前段にも書いたように、この機能を使うと、一時的にTouch IDが無効になります。

緊急SOS画面

デモ動画を観ていただきましょう。このデモでは電源ボタンを素早く5回押し、一旦キャンセルした後、Touch IDを使っています。すると、パスコードの入力が求められるようになっています。

これは警察への対抗処置?

この動作を発見したユーザーたちはこの機能を「Cop Button」と呼んでいます。アメリカでの警察によるiPhoneのロック解除要請は、グレーゾーンにあります。指紋認証でのロック解除は強要できることになっていますが、パスコード、つまりパスワードについては法律で守られています。

「緊急SOS」の動作を使うと、警察からのロック解除要請を法律にもとづいて断ることができるというわけです。アメリカではテロの防止策としてiPhoneのロック解除を重要視していて、容疑者のiPhoneを「セキュリティホールを突いて」中を調べるなど、センシティブな問題になっています。

これはアメリカだけの話ではないかもしれません。日本でも近年、テロに対する警戒が強まっていて、個人のプライバシーを犠牲にしてでも職務質問でiPhoneのロック解除を求められるかもしれないからです。そんな時にはこの機能が役立つ可能性があります。

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Apple
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Wi-Fiシェアポップアップ

「iOS11」の新機能まとめ!コンパネやGIF対応やFLAC対応まで盛りだくさん!

2017年秋にリリースされる「iOS11」。パブリックベータ版が配布開始となったことで、色々と変更点がわかってきました。NFCの利用がオープンになることは発表されませんでしたが、実装されたことはかなり …

4歳の子供がiPhoneのSiriに相談した結果、緊急電話に通報。母親の命を救うことに。

イギリスでニュースとなった出来事。4歳の子供が呼吸をしていない母親を救おうと、iPhoneのロックを母親の指紋を使ってロック解除。Siriに相談して緊急電話に連絡し、母親の命を救ったことが話題となって …

iOS11がインストールされたiPhoneが約半数に!

データ解析を行うMixpanelの調査データによると、9月19日(日本時間9月20日)にリリースされたiOS11が、10月10日の時点で47.72%のiOSデバイスにインストールされたことがわかりまし …

「iOS11パプリックベータ3」がリリース。バグ修正で普段使いできる??

Appleは「iOS11パブリックベータ3」をリリースしました。ベータプログラムに登録すればインストールできます。変更点は多々あるのですが、かなり完成度が高くなっています。普段使いはできるものなのでし …

iPhone X

ドコモも「iPhone X半額競争」に参戦!比較してみた!

先日、大手キャリア3社のiPhone X販売価格が出そろい記事にしたところですが、ドコモだけは特別な割引はなく通常の割引プランだけでした。しかし、他社が「半額サポート」というべきプランを用意したことに …