次期iPad Proは10.5インチ画面ながらも、9.7インチと同じサイズのモデルが追加される?

Apple

次期iPad Proは10.5インチ画面ながらも、9.7インチと同じサイズのモデルが追加される?

投稿日:

Appleが今年発売するとされている次期iPad Proですが、現行のラインナップに加えて10.5インチのモデルが追加されるとの情報が各所から上がっています。

スポンサーリンク

サイズは9.7インチモデルと同じで高解像度

iPadPro

出典:iPhone Mania

HIS Markitのタブレット部門のディレクターであるローグ・アレクサンダー氏は米メディアForbesに対し、今年発売見込みの次期iPad Proでは、現行の9.7インチと12.9インチの中間である「10.5インチ」版が追加されると予測しています。台湾のDigiTimesも同様の予測をしています。

新たに追加される10.5インチ版について、アレクサンダー氏は「全体的なサイズは9.7インチ版と同じになる。理由は、ベゼルが細くなることと、Smart Keyboardなどのアクセサリーを9.7インチ版と共用できるようにするため、としています。

解像度は高くなる見通しで、画素密度は今までと同様の264PPIのまま画面を大きくし、解像度が2,224×1,668と引き上げられるようです。

次期iPad Proの発売時期は?

毎年春に行われるAppleのイベントは4月4日に開催されると予想され、このイベントで次期iPad Proを発表し、5〜6月頃に発売されると予想されています。

理由はこのようなものです。

  • iPad Proの入荷予定日がいくつかのApple Storeで「4月4日」と案内されている
  • Appleが新本社Apple Parkを4月から順次利用開始すると発表している

タブレット市場回復のきっかけとなるか

前年比15%ほどの出荷台数減少となっているタブレット市場。フル機能のWindows10タブレットPCが増えたことにより、スマホ以上PC未満のタブレットの市場が縮小しているものと思われます。

しかし、電源を入れればスマホのようにすぐ使える使いやすさは魅力です。iPad ProのApple Pencilのように、でデスクトップPCのサブ端末として利用用途が増えれば、生き残っていく可能性は残されているでしょう。

参考URL:iPhone Mania

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-Apple
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

iPad

9.7インチ新iPadが3月25日に発売。全体的なスペックアップ。

アップルは実質iPad air 2の後継機種となるiPad(無印)を3月25日から発売すると発表しました。全体的にスペックがよくなっていて、価格は37,800円からになっています。 スポンサーリンク …

ガラス割れ

「ミスターミニット」でiPhoneのガラス割れが修理できる??

合鍵や靴の修理を行っている「ミスターミニット」。駅の近くなどでよくみかけます。そこでiPhoneのガラス割れが修理できることをご存じでしたか?公式にホームページでアナウンスされています。 スポンサーリ …

「次期iPhone」のメインはディスプレイの変更か。大画面搭載とバッテリーの情報も。

最近になって次期iPhoneの噂が続々とリークされています。その中でも大きな噂が「次期iPhoneは1000ドルを超えるかもしれない」ということ。もう買えるレベルではないスマホになってしまうのか…? …

カスタムポップアップ

「iOS11」からは「評価をお願いします!」ポップアップは制限される模様。

アプリを使っていていきなり「評価をお願いします!」というポップアップが画面に大きく表示される…こういう経験は誰しもあるのではないでしょうか。「iOS11」からはこのポップアップが制限されるようです。A …

iPhone

Apple、非正規の修理でiPhoneを利用不可にするアップデートは、不当だと訴えられる。

オーストラリアの公正取引委員会(ACCC)がアップルを訴えました。これは日本にも関係してくる話になるかもしれません。これは非正規の修理をしたiPhoneがアップデートによって「文鎮化」され使えなくなる …