激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

Apple

新「iPad Pro」登場!もうiPad ProがあればPhotoshopは要らないんじゃない!?

投稿日:

WWDC2017で新しい「iPad Pro」が発表されました。詳細は他へゆずるとして、筆者が驚いたのは「iPad Proでここまでできるのか?」というデモンストレーションの内容です。Photoshopが要らないのではないかと思わせるようなデモをご紹介します。

スポンサーリンク

「iPad Pro」とアプリの組み合わせ

デモンストレーションではポスターの作成が行われました。まずは、波をワープ機能で作り、爆煙をレイヤーで重ねます。

爆煙の合成

次に光源を自由に動かしてライトを当てます。

光源の設定

驚いたのはこの後です。ジャックスパロウの背景をマスクし、髪の毛の境界線を「Apple Pecil」でなぞります。

髪の毛をマスク

そして、境界線を確定させると、髪の毛の一本一本まで切り抜きがされます。

髪の毛の切り抜き

この髪の毛の切り抜きは、以前Photoshopユーザーがよく苦心する部分だったのですが、最近になって「境界線調整ブラシツール」という機能で実現できるようになりました。それでも手間がかかります。しかし、デモではほんの数秒でできてしまったのです。

これはiPad Proのスペックが高いことも大きいですが、アプリの発展も大きいでしょう。おそらくデモで使われていたのは「AFFINITY PHOTO」(3,600円)です。Photoshopの全ての機能はないでしょうが、ポスター制作程度の加工なら充分に使えるレベル。そして出来上がったポスターがこちら。

完成したポスター

このポスターが数分のうちにできてしまいました。もちろん、デモンストレーションのために練習されたはずですが、ライブ会場であっという間に出来上がったのです。

「iPad」の再発明

iPadは「タブレット端末」という分野を作り出しました。しかし、現在ではWindows10がタブレットで動作し、iPadの売り上げは減少しています。今回のデモでは、マルチタスキングやドラッグ&ドロップ、さらには「Files」でファイルを管理するなど、ほとんどMacと言っていいような「iOS11」の機能追加が紹介されました。

以前のiPadは「iPhone以上、Mac未満」といった中間を埋めるようなポジションでしたが、そうではなく一つの「新しいデバイス」として押し出していこうという姿勢がみえます。これが市場に受け入れられるかどうかは試されるところですが、デモをみた限り、全く新しい体験ができそうです。

-Apple
-, , ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

4歳の子供がiPhoneのSiriに相談した結果、緊急電話に通報。母親の命を救うことに。

イギリスでニュースとなった出来事。4歳の子供が呼吸をしていない母親を救おうと、iPhoneのロックを母親の指紋を使ってロック解除。Siriに相談して緊急電話に連絡し、母親の命を救ったことが話題となって …

function area

次期「iPhone8」のリーク情報が続々と。海外の情報も含め整理してみた。

次期iPhone、通称「iPhone8」のリーク情報が続々と出てきています。大小さまざまな情報がありますが、ここで一旦整理してみます。海外にしかない情報も含めて、どのようなリーク情報があるのか、カテゴ …

iPhone8

iPhone8は「画面割れ」の修理が勝手にできなくなるかも?

iPhoneユーザーの永遠の悩み「画面割れ」ですが、どこの業者でも修理できるようになるかもしれないとお伝えしたところです。しかしiPhone8になると、Appleでしか修理できないようになってしまうか …

clips4

Apple渾身の動画作成アプリ「Clips」を早速使ってみた。これはすごい!楽しい!

3月21日に突然発表されたApple制作の動画作成アプリ「Clips」。正式にリリースされましたので、早速使ってみました。これはすごい。とても簡単という言葉では済まないほど、新しい体験として動画を作成 …

フリートライアル画面

「App Store」へ不正請求アプリが混入している実態が明らかに。その手口とは?

iPhoneユーザーはApp Storeでアプリを検索します。キーワードで検索すると関連するアプリが表示される「Search Ads」という仕組みを悪用して、無料アプリをダウンロードさせ、高額なアプリ …