激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

Apple

Appleが新しい特許を申請、iPhoneやiPadをノートパソコンに。しかし、他社から製品化されたものも?

投稿日:

Appleが新しい特許を申請したことを米特許商標局が公開されました。それはiPhoneやiPadを「アクセサリー端末」にはめ込むことでノートパソコンのように使うものです。しかし、同じようなアイデアは他社にもあり、既に製品化されているものもあります。違いはあるのでしょうか。

スポンサーリンク

iPhoneをノートパソコンのように使う特許

iPhone

出典:Apple insider

これが今回公開されたAppleの新しい特許です。「アクセサリー端末」にiPhoneをはめ込みキーボードと大画面を追加できます。追加バッテリーとしても動作するため利用時間も大幅に伸びます。プロセッサーやWi-fi、BluetoothなどはiPhoneのものを使い、iPhoneはトラックパッドとしてアクセサリー端末の操作をサポートします。

iPadをノートパソコンのように使う特許

iPad

出典:Apple insider

これがiPadをノートパソコンのように使う特許の申請画像です。iPadを「アクセサリー端末」にはめ込み、タッチ操作が可能なMacbookのようなものとして使うことができます。iPhoneの場合と同様に主要な機能はiPadが担当します。しかし、このようなアイデアは特に新しいものではなく、既に製品化されたものもあります。
logitech iPad

出典:GIZMODO

これが既に製品化されたLogitechの「Rugged Combo」。先日発表された新iPadに合わせて製品化されたもので、海外の学校向けに作られています。Appleの特許と見た目の違いは、トラックパッドがないことでしょうか。

Appleの新特許にはもう少し踏み込んだ機能が

しかし、Appleの特許にはもう少し踏み込んだ記述があるようです。それはこのようなアクセサリー端末にGPU(グラフィックプロセッサー)が搭載されていて、iPhoneやiPadのプロセッサーでは足りない処理能力を追加できます。

またメモリー(RAM)も追加されるため、より大規模な処理をするアプリでも動作させることができます。このあたりの機能はiPhoneを設計しているAppleだからできることかもしれません。

新たな活用方法の可能性

Appleはアイデアレベルの特許を多数出願し、製品化されないものも多くあります。今回の特許が実際に製品化されるかどうかはわかりません。今のAppleはスマートフォンとパソコンの中間を埋めるiPadのポジショニングを探っている状況です。Chrome Bookの動向も関係してくるでしょう。もしこのようなポジションの端末が必要となればいつでも製品化できる態勢は整ったことになります。

参考URL:Apple insider

-Apple
-,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

icon

iOS10.3にはまだ気づかれていない機能追加が…それは、アイコンのカスタマイズ機能!

比較的大きな変更がなかったため、あまり注目を集めていないiOS10.3のアップデート。しかし、隠れた機能追加がされています。それは「アイコンのカスタマイズ」機能。今までのiPhoneアプリは1種類のア …

store

iOS11では古いアプリ約20万個が利用できなくなる?64bit完全移行に伴う影響。

現在のiOS10は64bitのメモリを利用できるOSですが、32bitのメモリしか利用できない古いアプリも特別にサポートしています。これがiOS11になって特別サポートがなくなった場合の影響について調 …

爆発現場

大火傷を負った男性をSiriが救った!!いざという時のためにSiriを有効にしておいた方がいい!?

アメリカ・オハイオ州での出来事です。バウチャー氏は、使わなくなったコテージを売りに出していました。そのコテージを点検のために訪れ、ライトのスイッチをオンにしたところ家が爆発、炎に包まれました。その状況 …

Mac

iPhoneで「Macintosh」が動くよ!あまりの懐かしさに震える人続出!

古いソフトウェアをフリーのライブラリにする「Archive.org」が、「Macintosh」を公開しました。なんと、iPhoneの中でMacintoshが動くという、未来なのか過去なのか、わからない …

Apple Watchホーム画面

「Apple Watch」は視覚障害者にこそ使って欲しい!そう思える便利な機能。

iPhoneには設定アプリの「アクセシビリティ」で視覚障害者のための機能を豊富に用意しています。項目を読み上げる「Voice Over」機能や、弱視の方のための「ズーム機能」など。これらを「Apple …