2018年にiPhone SE2は発売されない!?iPhone 9が普及モデルに!?

WWDC前には保護ケースの予約販売までされた「iPhone SE2」ですが、結局WWDCでの発表はありませんでした。ではいつ発売されるのか。今年は発売されないだろうという情報が入ってきました。その代わり、今年の秋に発売される「iPhone 9」は普及モデルとして主力となりそうです。

スポンサーリンク

2018年に「iPhone SE2」は発売されない!?

Appleの開発者向けコンベンション・WWDCの直前にiPhone SE2用の保護ケース予約販売を始めたのは中国のiPhoneケースメーカー「Olixer」でした。しかしアメリカの主要メディアなどは、あくまでも噂として慎重な姿勢をとっていたところです。

iPhone SE2イメージ

結果、WWDCではiPhone SE2の発表はありませんでした。今回の情報は米Cult of Macが「Olixer」からレポートを受けたもので、「今年のiPhoneは5.8インチのiPhone XI、6.5インチのiPhone XI Plus、6.1インチのiPhone 9だけとなる可能性が高い」とのこと。

お気づきだとは思いますが、これらの情報はOlixerからのみで一貫性がないようにみえます。しかし、アメリカのメディアがこれらの情報を無視できないのは、過去にOlixerが正しい情報を伝えていたことによります。

Cult of Macは総合的にみて「iPhone SE2が完全になくなったわけではない」としたものの、iPhone SE2は発売されないだろうというスタンスをとっています。

2018年の普及モデルとしての「iPhone 9」

次世代の安価なモデルとして「iPhone 9」が発売されることは、iPhone SE2の発表とは関係なく以前から予測されていました。ディスプレイを高価なOLEDからLCD液晶にし、内部の構造も簡素化した設計にすることで価格を抑えます。

2018年iPhoneイメージ

これが「普及モデル」と言えるような位置付けになりそうだと米AppleInsiderが伝えています。これはディスプレイの供給について不満を持つ企業が出てきたことから明らかになりました。それは「OLEDディスプレイとLCDディスプレイは同程度の数にする」というAppleの方針です。

単純に計算すると、1台の「iPhone XI」につき、「iPhone XI Plus」が1台、「iPhone 9」が2台となります。一番普及する次世代iPhoneとして「iPhone 9」を位置付けたいという、Appleの方針にみえます。

順調に準備が進むiPhone Xの次世代モデル

Nikkei Asian Reviewが「iPhoneの製造が20%減少する」と伝えて混乱が起きましたが、モルガン・スタンレーの最新レポートによると、「わずかに増加する」と予測されています。そして、昨年のような発売の遅延がないようOLEDモデルの準備を早め、LCD液晶モデルの製造計画も改善されているようです。

iPhone XIとiPhone 9は順調に進んでいます。気になるのはiPhone SE2がどうなるかというところ。発表されるようであれば、部品供給サイドからの情報提供があるはずです。

最大8万3,000円キャッシュバック
30ヵ月の基本料割引で実質月額2,000円!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー