検証結果からみるiPhone Xを最も速く充電する方法

Apple

検証結果からみるiPhone Xを最も速く充電する方法

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

米MacRumorsがiPhone Xに様々な充電器を接続し、測定した検証結果を公開しています。それを元に、iPhone Xを最も速く充電する方法をお伝えします。

スポンサーリンク

まずはiPhone Xの充電検証結果

検証はiPhone Xにいろいろな種類の充電アダプタを接続して行われました。接続された充電アダプタは以下の通りです。

5W Wirelessアダプタ(Choetech製)
5W Apple純正iPhoneアダプタ
7.5W Wirelessアダプタ(Appleから購入したBelkin製)
12W Apple純正iPadアダプタ
USB-C アダプタ(18W以上)

検証結果1

まず、5Wで充電すると、ワイヤレス、純正アダプタ共に60分で40%程度充電できます。7.5Wのワイヤレスアダプタで充電すると、60分で46%充電されました。12WのiPadアダプタで充電すると60分で72%。18W以上のUSB-Cアダプタで充電すると60分で79%です。

当然とも言えますが、より電力の大きなアダプタで充電すると速く充電できます。Apple純正のiPhone充電器ではかなり遅いことが残念です。7.5Wのワイヤレス充電にはiOS11.2で対応となりました。

電力の大きいUSB-Cアダプタを使えばいいのか?

検証結果2

この図は18W以上のUSB-Cアダプタで充電した結果です。29W USB-CはAppleから購入することができ、値段は5,200円となっています。

これをみると、18W以上の電力で充電しても速くはならない結果となっています。これはiPhone Xをアダプタに接続した際、iPhone Xとアダプタの間で最大電流が決定され、18W以上の電力では充電されないことを意味しています。

有線充電ならUSB-Cアダプタを使うと速い

単純にUSBと言っても流せる電力が仕様化されており、USB-C対応のアダプタを使う必要があります。また使うケーブルが悪いと電力損失が大きすぎ18W以下での充電となってしまうため、ある程度の値段のケーブルを用意するといいでしょう。

USB-Cアダプタで18W以上であれば、Ankerなど有名メーカーから安い商品がたくさん出ています。もしもApple純正の方が安心というのであれば、先ほど紹介したApple 29W USB-Cアダプタを使うのがいいでしょう。正式にiPhone Xおよび8に対応しており、バッテリーに負荷のかからない設計になっています。

参考URL:MacRumors

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Apple
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

One more thing

とうとう発表された「iPhone X」はどこがすごいのか?

本日深夜2時にAppleのスペシャルイベントにて、「iPhone X(テン)」が紹介されました。先週に大きな情報のリークがあり、予想通りの発表となったためインパクトが弱くなってしまった印象です。しかし …

携帯乗り換えバナー

iPhoneに乗り換えたい?Appleが下取りキャンペーン

アップルは8月10日、ガラケーからiPhoneへの乗り換えを提案するテレビCMを公開しました。それに合わせて、特設ページを用意、今ならガラケーも他社スマホも下取り価格が増額されています。 もしスマート …

Face ID

最も速くiPhone XのFace IDでロック解除する方法!

iPhone Xが先行して各メディアに配布され、Face IDの信頼性などを検証しています。ちょっと気になっているのが「Face IDは早く認証できる」という見方と「Face IDだと遅い」という見方 …

2.5D

次期iPhoneは曲面ディスプレイではなく、2.5Dと呼ばれるなめらかな画面になる?

次期iPhoneのリーク情報を次々と出てきています。MacRumorsによると、次期iPhoneはSamsungのGalaxy S7 edgeのような典型的な曲面ディスプレイにはならないだろうと言われ …

iPhoneの「Live Photo」をあなたのブログにも!AppleのJavascript APIの使い方を解説。

iPhoneに新機能として搭載されている「Live Photo」機能。写真を撮った前後1.5秒づつを保存しておき、アルバムでは写真として、長押しすれば動画としてみられる機能ですが、SNSなどではほとん …