iPhone Xが思ったより「売れていない」のには理由があった!?

「iPhone Xが減産される」そう言われ始めたのは今年2月に入ってからでした。Appleからの発表はないものの、iPhone XのOLEDパネルを生産するSamsungも減産するという報道まであります。iPhone Xが「売れない」のはなぜなのでしょうか。ある調査の結果をみていただきましょう。

スポンサーリンク

今使っているiPhoneで充分

このPhilip Elmer-DeWittの調査は、iPhoneを持っていて、iPhone Xへアップグレードしていないユーザー1,500人に対して行われました。「なぜiPhone Xにアップグレードしないのか」その理由をレポートしています。

調査結果

これによると、44%のユーザーが「現在のiPhoneがちゃんと動いているから」と答え、31%のユーザーが「iPhone Xが高すぎるから」と答えています。10万円を超える価格が高すぎるという答えは当然とも言えそうですが、現状に満足しているユーザーが一番多いのは、意外ではないでしょうか。

筆者もiPhone 6sに最新のiOS11.2.6を入れていますが、時々引っかかるような動作があるものの、ストレスを感じるほどではありません。現在ベータテストが行われているiOS11.3では安定性に力が入れられるとみられています。ベータ版を検証している感覚としては、現行のiOSよりスムーズに動いている印象さえあります。

「スーパーサイクル」の流れに乗れるか

Appleは今年、「スーパーサイクル」と呼ばれる、iPhoneの買い替え需要が増大する年になると言われています。しかし、iPhone Xが思ったより売れていないことは、そのサイクルに影を落とすかもしれません。

レポートでは「スーパーロングサイクル」という表現がされています。このiPhone Xの販売不振を次の年で挽回するオプションがある。それは次期iPhone Xに加えて手頃な価格のiPhone Xが発売されるというものです。

この手頃な価格のiPhone Xは今年1月に入ってから情報が流れ始め、MobaGateでも記事にしています。今のところこれを否定するような情報はなく、スペックがどのようになるかという話題にまでなっています。

次期iPhone Xに注目が集まる

この調査レポートが、「手頃なiPhone X発売」の裏付けにはなりませんが、Appleはこのような市場動向を掴んでいることでしょう。iPhone Xが減産されるのかどうかはAppleの発表を待つところですが、既に次期iPhone Xへ注目が集まっています。

Amazon Kindle Unlimitedに登録すれば無料で読むことができます。
PC、スマホ、タブレットにも対応しているのでおすすめです。
最大8万3,000円キャッシュバック
30ヵ月の基本料割引で実質月額2,000円!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー