激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

Apple

iPhone8は「画面割れ」の修理が勝手にできなくなるかも?

投稿日:

iPhoneユーザーの永遠の悩み「画面割れ」ですが、どこの業者でも修理できるようになるかもしれないとお伝えしたところです。しかしiPhone8になると、Appleでしか修理できないようになってしまうかも知れないと懸念が高まっています。

スポンサーリンク

iPhone8の指紋認証

iPhone8

出典:GIZMODO

次期iPhoneの情報は次々とリークされていますが、その一番の話題として「ホームボタンをなくし画面で指紋認証する」というもの。

現在のTouch ID部の仕組みは非常に複雑になっています。指紋データが本体チップの「Secure Enclave」アーキテクチャに保存され、Touch IDとのペアリングを通して暗号化された状態でやり取りされます。このボタンだけ修理してしまうと、ペアリングができなくなり、Touch IDが使えなくなってしまいます。

画面にTouch IDが組み込まれてしまうと、画面が割れた際、交換することになります。すると、Touch IDのペアリングができなくなり、指紋認証ができなくなるということが考えられます。

外部業者での修理はできなくなるのか

iPhoneが発売されるとすぐに分解し、修理のしやすさなどをレポートしているiFixitのKyle Wiens CEOはこのように話しています。

Appleに持ち込めば、いまでもTouch IDとSecure Enclaveのペアリング再認証は、特殊なキャリブレーションを実施するマシンで独占的に可能になっているそうですね。これまでのiPhoneであれば、たとえディスプレイが割れても、Touch IDの内蔵されたホームボタンを再利用するだけで、なんとかAppleへ持ち込まずとも修理できていました。

まだ構造まではわかっていない現状

次期iPhoneの指紋認証が画面に統合されることは、かなり高い確率で実現されるでしょう。別の情報では通常ディスプレイ部分と、Macbook Proのような「Touch Bar」部分が用意されるという話もあります。そうなると、通常ディスプレイ部分は交換できそうです。まだ、確定した情報はありませんが、今後も注目していきます。

参考URL:GIZMODO

-Apple
-

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

icloud

iOS&macOSユーザーはiWorkやiMovieが無料に。iPhoneユーザーにPagesをオススメするたった1つの理由。

これまで、新しいiPhoneなどでは無料で利用できたiWork(Pages、Numbers、Keynote)、iMovieおよびGarageBandが全てのiOS、macOSで無料となりました。その中 …

「Space Qube」からAppleをかたるフィッシングメールが増加中!

請求書やIDの不備を指摘するメールを装い、Apple IDを不正に入手しようとする「フィッシングメール」が増加しています。基本的には英語で送られてきますが、過去には日本語のものもありました。このような …

中古買取のGEOがiPhone修理サービスの事前予約を開始。その前にGEOの修理ってどうなの?

中古ゲームや携帯の買取、販売を行うGEOがiPhone修理サービスをネットで事前予約できるようになりました。その前に、GEOのiPhone修理はどのようなサービスになっているのか、お伝えします。 スポ …

Mac

iPhoneで「Macintosh」が動くよ!あまりの懐かしさに震える人続出!

古いソフトウェアをフリーのライブラリにする「Archive.org」が、「Macintosh」を公開しました。なんと、iPhoneの中でMacintoshが動くという、未来なのか過去なのか、わからない …

4歳の子供がiPhoneのSiriに相談した結果、緊急電話に通報。母親の命を救うことに。

イギリスでニュースとなった出来事。4歳の子供が呼吸をしていない母親を救おうと、iPhoneのロックを母親の指紋を使ってロック解除。Siriに相談して緊急電話に連絡し、母親の命を救ったことが話題となって …