iPhone8は「画面割れ」の修理が勝手にできなくなるかも?

Apple

iPhone8は「画面割れ」の修理が勝手にできなくなるかも?

投稿日: コメント (0)


iPhoneユーザーの永遠の悩み「画面割れ」ですが、どこの業者でも修理できるようになるかもしれないとお伝えしたところです。しかしiPhone8になると、Appleでしか修理できないようになってしまうかも知れないと懸念が高まっています。

スポンサーリンク

iPhone8の指紋認証

iPhone8

出典:GIZMODO

次期iPhoneの情報は次々とリークされていますが、その一番の話題として「ホームボタンをなくし画面で指紋認証する」というもの。

現在のTouch ID部の仕組みは非常に複雑になっています。指紋データが本体チップの「Secure Enclave」アーキテクチャに保存され、Touch IDとのペアリングを通して暗号化された状態でやり取りされます。このボタンだけ修理してしまうと、ペアリングができなくなり、Touch IDが使えなくなってしまいます。

画面にTouch IDが組み込まれてしまうと、画面が割れた際、交換することになります。すると、Touch IDのペアリングができなくなり、指紋認証ができなくなるということが考えられます。

外部業者での修理はできなくなるのか

iPhoneが発売されるとすぐに分解し、修理のしやすさなどをレポートしているiFixitのKyle Wiens CEOはこのように話しています。

Appleに持ち込めば、いまでもTouch IDとSecure Enclaveのペアリング再認証は、特殊なキャリブレーションを実施するマシンで独占的に可能になっているそうですね。これまでのiPhoneであれば、たとえディスプレイが割れても、Touch IDの内蔵されたホームボタンを再利用するだけで、なんとかAppleへ持ち込まずとも修理できていました。

まだ構造まではわかっていない現状

次期iPhoneの指紋認証が画面に統合されることは、かなり高い確率で実現されるでしょう。別の情報では通常ディスプレイ部分と、Macbook Proのような「Touch Bar」部分が用意されるという話もあります。そうなると、通常ディスプレイ部分は交換できそうです。まだ、確定した情報はありませんが、今後も注目していきます。

参考URL:GIZMODO

-Apple -

スポンサーリンク

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加