iPhone SEイメージ

これがiPhone SE2!?「手頃な価格」のiPhoneが今年後半に?

iPhoneの戦略予測に定評のあるKGI証券のミンチー・クオ氏が新たな予測を米MacRumorsに伝えました。それは「手頃な価格」にするためiPhone Xをベースにスペックダウンし、今年の後半に発売されるとのこと。これがiPhone SE2なのでしょうか。

スポンサーリンク

新たなiPhoneの予測スペック

予測されているデバイスはFace IDなどのiPhone Xの機能が搭載されていますが、「手頃な価格」を実現するためスペックが抑えられています。OLCDではなく6.1インチ液晶ディスプレイを搭載し、ガラスの背面ではなくアルミのフレーム、メインカメラはシングルレンズ、3D Touch非対応の可能性があるとのこと。

そしてミンチー・クオ氏はこうコメントしています。

この新しいプロダクトは、2018年後半の次期iPhoneのライフサイクル(2018年の第3四半期〜2019年の第2四半期)に向けて出荷される。6.1インチの液晶ディスプレイを持つiPhoneは、2018年の後期に1億台程度が販売されると推計している。

スポンサーリンク

iPhone SE2なのか?iPhone 9なのか?

iPhone SEイメージ

クオ氏の調査では、このiPhoneは米国での値段が700ドル〜800ドルの間だと言われています。日本円にすると77,000〜88,000円。iPhone SE2として考えるには少し高すぎるプライシングです。これであればiPhone 8の後継と考えた方がよさそうです。

しかし気になる点があります。アルミのフレームということはワイヤレス充電ではなく、3D Touchに非対応というスペックダウン。iPhone 8の後継とするにはスペックが低すぎる印象を持ちます。そういう意味ではiPhone SE2のポジションをとるのかもしれません。

iPhone SE2への期待

6.1インチという現在のiPhoneでの主流となるサイズ感は、片手に収まるサイズを期待するiPhoneユーザーにとってはうれしくないものでしょう。別の観測として部品供給のサプライチェーンが動き出していて、3月になんらかのデバイスが登場すると報道されています。それがiPhone SE2かもしれません。

いずれにしても世界的にスマートフォンの売り上げ台数が伸び悩む中、今後はインドなど新興市場へのアプローチが重要になってきます。そうなるとiPhone SE2が発売されることは期待して良いでしょう。それがいつ発売されるのか注目が集まっています。