iPhone Xラインナップ

iPhone Xのラインナップに「お手頃」版が登場!?

基本料金1,333円引きで工事代金は無料
さらに最大8万3,000円キャッシュバック
最速ネット回線NURO光なら今がお得

KGI証券のアナリストは、2018年のiPhone Xに続くシリーズがどのようになるかの予測を発表しました。これは主にiPhone Xの需要が予想より良くなく、特に中国の需要に合わせる動きを見込んだものになっています。

現行「iPhone X」は製造停止!?

KGI証券の新しいレポートによると、iPhone Xの第1四半期出荷台数は1,800万台としています。これは他のアナリストの予想2,000万〜3,000万を大幅に下回るもの。特に中国でiPhone Xが予想より売れておらず、「買い控え」が起きていることが大きな要因としています。

中国でiPhone Xが売れていない原因として、iPhone Xの画面上にある切り欠け「ノッチ」によって画面が小さく感じることをあげています。中国のユーザーには大きな画面のスマートフォンが人気で、iPhone Xの見た目では小さく思えてしまうようです。

同レポートによるとiPhone Xの出荷台数は、第2四半期に1,300万台としています。そして来年の中頃には終了すると予測しています。Appleはこれまでフラッグシップモデルを維持してきていますが、終了してしまうという予測は興味深いものになっています。

スポンサーリンク

次期iPhone Xはどのようになるのか

iPhone Xラインナップ

現行のiPhone Xの出荷が終了するかどうかとは別に、「iPhone X Plus」が登場する。これはそれほど驚くことではないでしょう。その大きさは6.5インチ、つまりiPhone 8 Plusの全面がディスプレイとなるサイズ感です。

そして注目したいのはもうひとつのiPhone X。これの画面を6.1インチと大型化しつつ、高価なOLEDディスプレイではなく、「TFT液晶ディスプレイ」にするもの。解像度も現行のiPhone 8シリーズ程度となります。

そしてその価格ですが、72,000円〜82,500円程度になるとみられています。現行のOLEDディスプレイのiPhone Xが112,800円、TFT液晶のiPhone 8 Plusが89,800円であることから、妥当な金額ではないでしょうか。この範囲であれば「お手頃」と言えそうです。

「スーパーサイクル」に入るiPhone需要

iPhoneは今年「スーパーサイクル」に入ると以前から言われていきました。これは古いiPhoneを持っているユーザーが新しいiPhoneに買い換えるタイミングがきているというもの。大規模なiPhoneの需要が見込まれています。

2018年秋のiPhoneラインナップは「強気だ」とアナリストは予測しています。確かにフラッグシップモデルである現行iPhone Xの上位と下位にラインナップを広げることは今までのAppleにはなかった動きです。まだまだ先の話ではあります。しかし納得感のあるレポートになっています。

参考URL:9to5Mac

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー