MacBook Airと12インチMacBook

噂のMacBook Airの後継機?10月に低価格版MacBookが発売か

今年3月に販売を予測されており、MobaGateでも度々取り上げてきた低価格版13インチMacBook Airの続報です。台湾メディア経済日報によると低価格モデルとして13インチMacBookがこの秋に発売される模様です。

スポンサーリンク

10月に低価格版MacBookが発売か

台湾メディア経済日報はIntel「Cannon Lake」プロセッサの製造に遅れが発生しているため、低価格版MacBookはiPhoneよりも発売が遅く、10月になると報じています。

「Cannon Lake」プロセッサの遅延を受け、Appleはこの低価格版MacBookには「Cannon Lake」プロセッサではなく「Kaby Lake Reflesh」プロセッサを使用するように変更した模様です。

スポンサーリンク

現行のMacBooKやMacBooK Airよりもコストパフォーマンスに優れる機種になるか

新型MacBookが「Kaby Lake Reflesh」プロセッサを搭載して発売された場合、現行のMacBook Airや超低消費電力チップを搭載した12インチMacBookよりも処理能力に優れたモデルになることが予想されます。

低価格版MacBookがRetinaディスプレイを搭載したMacBook Airとして置き換わるのか、それともMacBookファミリーに加わるのかは現時点では不明となっています。

ようやく見えてきた姿に期待が膨らむ

今回姿が見えてきた低価格版MacBookは、今年の3月にApple関連の正確な予測で有名なアナリストであるミンチー・クオ氏が発表して話題になりました。その後、度々話題になってきた低価格版MacBookですが、スペックに関しての具体的な情報は少なく、謎に包まれていた存在でした。

しかし今回、「Kaby Lake Reflesh」プロセッサを搭載する様子という情報が出てきたため、より具体的な姿が見えてきました。これは否応無く低価格版MacBookに対して期待が膨らみます。

果たして低価格版MacBookはどのようなスペックでどの程度の価格なのでしょうか。続報に期待しましょう。

出典:経済日報MacRumors