Macで古いアプリを使っていると!?表示された画面は何なのか

ネット回線に不満があるならNURO光がおすすめ
最大8万3,000円キャッシュバック!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

AppleはmacOSの最新版High Sierra(10.13.4)のユーザーに対して、32ビットアプリを利用する際、アラートの表示をするよう変更しました。これはアプリの実行に対して1度だけ表示されます。いったいこのアラートにはどのような意味があるのでしょうか。

32ビットアプリに対するアラートの意味

新しいアプリ、もしくは定期的にアップデートされているアプリは、64ビットアプリとなっており、macOS High Serraとの互換性があります。主に古いアプリである32ビットアプリは、特別に現在のmacOSでも利用できるようになっています。

その32ビットアプリを起動する際に、このようなアラートが表示されるようになりました。

アラート

これは最初の1回だけで、「OK」ボタンをクリックすると閉じることができます。

このアラートが表示されるようになったのは、将来的にmacOSで32ビットアプリをサポートしないことを意味しています。その時期は明らかではありませんが、将来的にmacOSは「完全64bit」のOSとなります。これはmacOSが初めてのことではありません。

スポンサーリンク

iOS11で行われた「完全64bit化」

iPhoneやiPadで使われている「iOS」では、iOS11にバージョンアップする際、完全64ビットのOSとなりました。App Storeで半ば放置されていた32bitアプリは削除されています。この64ビット化は開発者に向けて以前から通知されており、主要なアプリは64ビットへの対応をしました。

Appleは昨年6月に開発者に対して32ビットアプリのサポート終了を通知し、今年1月1日からはMac App Store32ビットアプリの登録とアップデートを停止しました。しかしながらMacはMac App Store以外からアプリをインストールしている場合が多く、今回のアラートが表示されるようになっています。

Macでどのアプリが使えなくなるのか確認する方法

自分が使っているアプリが64ビット対応のものなのか、32ビットのものなのかは、以下の手順で確認ができます。まず、左上のアップルマークからメニューを表示し、「このMacについて」をクリックします。

システムメニュー

表示された画面の「システムレポート」をタップします。この画面は検証用にmacOS Sierraが使われていますが、High Sierraも同様です。

システム概要

システムレポートの左カラムから「アプリケーション」をクリックすると、しばらく待った後、アプリケーションの一覧が表示されます。例えば、Adobe Photoshopはこのように、「64ビット」の欄に「はい」と表示されており、64ビット対応がされているとわかります。

64ビット対応例

64ビット対応されていなければ代替アプリを

最新のmacOS High Sierraが、今後、32ビットアプリのサポートを停止することは決定事項です。上記の方法で確認して、もし32bitアプリを使っているようであれば、そのアプリは64ビット対応がされない可能性があります。通知は以前から行われていたからです。

Mac App Storeからインストールしたものでも、それ以外からインストールしたアプリでも、開発者がアップデートを終了しているものがあるかもしれません。使えなくなる事態に備えて代わりとなるようなアプリを探しておく方が賢明と言えそうです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー