新「iPad」は順当に進化しつつ、歴代最安値!?今わかっていることをまとめました。

激変するモバイル業界の情報をお届けするメディア

Apple

新「iPad」は順当に進化しつつ、歴代最安値!?今わかっていることをまとめました。

投稿日:

3月25日から発売開始される新「iPad」。Air 2から無印になりました。性能としては順当に進化しつつ、価格も安い。性能面で今わかっていることと、歴代iPadの価格を比較してみます。

スポンサーリンク

「iPad」のスペック進化

プロセッサー:A8X→A9
コプロセッサ:M8→M9
バッテリー容量:27.3W→32.4Wh

デベロッパーのスティーブ氏によると追加で判明したこととして、プロセッサーはiPhone6sと同等。メモリ(RAM)は2GBのようです。

ここからは判断の分かれるところですが、バッテリー容量の増加にともなって以下の変化があります。
本体厚み:6.1mm→7.5mm
重量:(WiFiモデル)437g→469g、(WiFi+セルラーモデル)444g→478g

注目すべき価格設定

スペックは進化したものの、価格は歴代最安となっています。「iPad Pro」との差別化という意味でミドルレンジのiPadというポジションになったのでしょう。
price

出典:Engadget

さらに新「iPad」は16GBモデルが存在せず32GBモデルからとなるため、より割安と言えます。

タブレット市場のテコ入れとなるか

フル機能を持つタブレットPCが増えている中、いわゆるタブレット端末市場は縮小しています。このミドルレンジiPadで市場シェアを拡大し、4月に発表されると噂される新型「iPad Pro」で市場自体を拡大しようという戦略にみえます。

iPad ProではApple Pencilという新しい使い方の提案もされ、アプリの充実次第では利用用途が広がるかもしれません。フル機能のタブレットPCも安価になっている今、iPadブランドがどこまで巻き返せるか。今後に注目が集まります。

-Apple
-

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

iPad

Appleが新しい特許を申請、iPhoneやiPadをノートパソコンに。しかし、他社から製品化されたものも?

Appleが新しい特許を申請したことを米特許商標局が公開されました。それはiPhoneやiPadを「アクセサリー端末」にはめ込むことでノートパソコンのように使うものです。しかし、同じようなアイデアは他 …

function area

次期「iPhone8」のリーク情報が続々と。海外の情報も含め整理してみた。

次期iPhone、通称「iPhone8」のリーク情報が続々と出てきています。大小さまざまな情報がありますが、ここで一旦整理してみます。海外にしかない情報も含めて、どのようなリーク情報があるのか、カテゴ …

4歳の子供がiPhoneのSiriに相談した結果、緊急電話に通報。母親の命を救うことに。

イギリスでニュースとなった出来事。4歳の子供が呼吸をしていない母親を救おうと、iPhoneのロックを母親の指紋を使ってロック解除。Siriに相談して緊急電話に連絡し、母親の命を救ったことが話題となって …

iPhoneの「Live Photo」をあなたのブログにも!AppleのJavascript APIの使い方を解説。

iPhoneに新機能として搭載されている「Live Photo」機能。写真を撮った前後1.5秒づつを保存しておき、アルバムでは写真として、長押しすれば動画としてみられる機能ですが、SNSなどではほとん …

次期iPhoneのTouch IDはディスプレイに統合されると、チップメーカーが認めた!

先日、次期iPhoneの噂はTouch IDの位置の問題がほぼ全てであるところをお伝えしたばかりですが、Appleのチップセット供給先であるTSMC社が「Touch IDはディスプレイに統合される」と …