新「iPad」は順当に進化しつつ、歴代最安値!?今わかっていることをまとめました。

Apple

新「iPad」は順当に進化しつつ、歴代最安値!?今わかっていることをまとめました。

投稿日: コメント (0)


3月25日から発売開始される新「iPad」。Air 2から無印になりました。性能としては順当に進化しつつ、価格も安い。性能面で今わかっていることと、歴代iPadの価格を比較してみます。

スポンサーリンク

「iPad」のスペック進化

プロセッサー:A8X→A9
コプロセッサ:M8→M9
バッテリー容量:27.3W→32.4Wh

デベロッパーのスティーブ氏によると追加で判明したこととして、プロセッサーはiPhone6sと同等。メモリ(RAM)は2GBのようです。

ここからは判断の分かれるところですが、バッテリー容量の増加にともなって以下の変化があります。
本体厚み:6.1mm→7.5mm
重量:(WiFiモデル)437g→469g、(WiFi+セルラーモデル)444g→478g

注目すべき価格設定

スペックは進化したものの、価格は歴代最安となっています。「iPad Pro」との差別化という意味でミドルレンジのiPadというポジションになったのでしょう。
price

出典:Engadget

さらに新「iPad」は16GBモデルが存在せず32GBモデルからとなるため、より割安と言えます。

タブレット市場のテコ入れとなるか

フル機能を持つタブレットPCが増えている中、いわゆるタブレット端末市場は縮小しています。このミドルレンジiPadで市場シェアを拡大し、4月に発表されると噂される新型「iPad Pro」で市場自体を拡大しようという戦略にみえます。

iPad ProではApple Pencilという新しい使い方の提案もされ、アプリの充実次第では利用用途が広がるかもしれません。フル機能のタブレットPCも安価になっている今、iPadブランドがどこまで巻き返せるか。今後に注目が集まります。

-Apple -

スポンサーリンク

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加