激変するモバイル業界をキャッチアップ

Apple

次期iPhoneは曲面ディスプレイではなく、2.5Dと呼ばれるなめらかな画面になる?

投稿日:

次期iPhoneのリーク情報を次々と出てきています。MacRumorsによると、次期iPhoneはSamsungのGalaxy S7 edgeのような典型的な曲面ディスプレイにはならないだろうと言われています。代わりに「2.5Dディスプレイ」になる。どのようなものかみてみましょう。

スポンサーリンク

2.5Dディスプレイ」とは?

これは曲面ディスプレイではなく、ガラスのエッジをなめらかにした画面のことを指すとのことです。図で見ていただくと早いでしょう。
2.5D

出典:MacRumors

SamsungのGalaxy S7 edgeでは「3D glass」が採用されていましたが、次期iPhoneでは「2.5D glass」が採用されるようです。

リーク情報によると、量産面で課題があり、落下時のテストでもよくなかったことから、3Dガラスは採用されなかったということです。しかし、この2.5Dガラスでも量産面では厳しく、発売当初は台数が制限されるだろうと予想されています。

「2.5Dディスプレイ」採用のメリット

前にリークされた情報によると、iPhone7サイズの本体に5インチのデイスプレイが搭載されると言われています。この場合、ベゼルが極端に細くなるため、このなめらかな曲線を描くディスプレイで操作性がよくなります。

次期iPhoneに対する期待

次期iPhoneのベゼルが細くなるのは間違いない情報ではないでしょうか。現在のスマートフォンのベゼルはどんどん細くなっています。次期iPhoneは「iPhone Pro」と呼ばれている特別なバージョンが存在する、ホームボタンが廃止され画面で指紋認証するようになる、など多くのリークがあります。どんなiPhoneになるのか期待して待ちましょう。

-Apple
-

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


  1. […] ほぼ全てのソースが示しているのは、先日発表されたGalaxy S8のように全面がガラス画面になっているということ。「ベゼルは全て4mm」「2.5Dラウンドエッジガラス」という情報からもこのような外観が予想されます。そしてディスプレイはより性能の良い「OLEDディスプレイ」が搭載されることも、「Appleが発注した」という情報から確実とみられます。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

中古スマホ取り扱い店「じゃんぱら」がiPhoneの修理サービスを開始。そのメリットは?

中古パソコン、スマートフォンなどを取り扱う「じゃんぱら」が、iPhoneの修理サービスを開始しました。特別珍しいことではありませんが、使い方によっては便利だと思われます。そのサービスをご紹介します。 …

なぜ「iOS10.3.1」がこれほど早くリリースされたのか?アップデートが必要な理由が判明。

Appleは「iOS10.3.1」を4月4日にリリースしました。しかし、iOS10.3のリリースから1週間しか経っていません。なぜこれほど急いでアップデートをしたのでしょうか。それはWi-fiの脆弱性 …

iOS10.2.1でひっそりと追加された便利機能とは?バッテリー交換時期に関するもの。

1月24日に配信された「iOS10.2.1」 主な内容はバグ修正とセキュリティFIXでした。しかし、追加された機能があったのです。それはバッテリーの交換時期に関するものです。 スポンサーリンク バッテ …

iphone

大手キャリアのiPhoneで格安SIMを使うときの注意点。意外な制約も?

最近は格安スマホという言葉がよく聞かれるようになり、格安SIMに移行すると同時に安いスマホを購入するケースが増えています。しかし、iPhoneが使いたいユーザーはかなり多いはず。大手キャリアのSIMロ …

iPhone8

iPhone8は「画面割れ」の修理が勝手にできなくなるかも?

iPhoneユーザーの永遠の悩み「画面割れ」ですが、どこの業者でも修理できるようになるかもしれないとお伝えしたところです。しかしiPhone8になると、Appleでしか修理できないようになってしまうか …