2.5D

次期iPhoneは曲面ディスプレイではなく、2.5Dと呼ばれるなめらかな画面になる?

次期iPhoneのリーク情報を次々と出てきています。MacRumorsによると、次期iPhoneはSamsungのGalaxy S7 edgeのような典型的な曲面ディスプレイにはならないだろうと言われています。代わりに「2.5Dディスプレイ」になる。どのようなものかみてみましょう。

スポンサーリンク


2.5Dディスプレイ」とは?

これは曲面ディスプレイではなく、ガラスのエッジをなめらかにした画面のことを指すとのことです。図で見ていただくと早いでしょう。
2.5D

出典:MacRumors

SamsungのGalaxy S7 edgeでは「3D glass」が採用されていましたが、次期iPhoneでは「2.5D glass」が採用されるようです。

リーク情報によると、量産面で課題があり、落下時のテストでもよくなかったことから、3Dガラスは採用されなかったということです。しかし、この2.5Dガラスでも量産面では厳しく、発売当初は台数が制限されるだろうと予想されています。

スポンサーリンク

「2.5Dディスプレイ」採用のメリット

前にリークされた情報によると、iPhone7サイズの本体に5インチのデイスプレイが搭載されると言われています。この場合、ベゼルが極端に細くなるため、このなめらかな曲線を描くディスプレイで操作性がよくなります。

次期iPhoneに対する期待

次期iPhoneのベゼルが細くなるのは間違いない情報ではないでしょうか。現在のスマートフォンのベゼルはどんどん細くなっています。次期iPhoneは「iPhone Pro」と呼ばれている特別なバージョンが存在する、ホームボタンが廃止され画面で指紋認証するようになる、など多くのリークがあります。どんなiPhoneになるのか期待して待ちましょう。