将来はMacBookも防水に!?新たな特許が出願される

解約違約金、各種手数料も負担!
最大8万3,000円キャッシュバック
最速ネット回線NURO光なら今がお得

筆者は今、コーヒーを飲みながらこの記事を書いています。よくある光景です。しかし、パソコンを使ってきた中で、誰でも一度は「コーヒーをキーボードにこぼした」経験があるのではないでしょうか。将来はそんな心配のないMacBookが発売されるかもしれません。

防水・防塵キーボードのMacBook

Appleから新しく出願された特許はMacBookのキーボードをある程度の防水・防水加工にするもの。キーボードを覆うシートもしくはパッキン、フタなどを利用します。

キーボードの特許

図の3Aがシートを用いたもの、4がパッキン、6がフタ状にしたものになります。図示されているようにMacBookに使うことが想定されています。

スポンサーリンク

古くからあるキーボード問題

Appleの特許情報は製品化されるかどうか不明であることがほとんどです。しかしMacBookの長年の使用によって、ゴミがキーボードに溜まってしまうことはよくある故障。こうなってしまうとMacBookのキーボード設計によって、キーボード全体を交換するという高額な修理になります。

MacBook Proというハイエンドの機種になると、その利用年数も長くなるでしょう。この場合に特許が有効に働くと思われます。特許には、キーの下にガスを吹き込む、キーボードからゴミを押しのけるなどの能動的なものも含まれています。

特許が利用されたMacBookの発売は?

現時点のリーク情報としては、安いMacBook Airが発売されるというものがありますが、これには搭載されないでしょう。コスト面からそれに見合うとは思えません。あるとすれば先ほど例に挙げたMacBook Proでしょう。

この場合も「打鍵感」に課題が残ると考えられます。防水・防塵できるだけの強度を持ち、快適に文字を打てるキーボードの開発となると、そのハードルは高いと想像できます。しかし、ゴミによる故障もなければ、不安なくコーヒーを飲みながら仕事ができる。これは魅力的ではないでしょうか。

参考URL:iPhone Hacks

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー