ARボタン

「ARKit」のすごさを体験するにはこれ「Sketchfab」

iOS11で大きなトピックの一つとして、「ARKit」があげられると思います。3Dの物体をAR(拡張現実)の技術を利用して、現実の世界に登場させる。今回紹介する「Sketchfab」は3D版インスタグラムとても表現したら良さそうな、3Dモデルの共有プラットフォームアプリです。

スポンサーリンク

3Dモデルプラットフォーム「Sketchfab」

Sketchfabは、これまでに多くのユーザーからアップロードされてきた3Dモデルのプラットフォームで、現在200万もの3Dモデルが存在します。それが今回のARKit対応によって、iOS11のiPhoneを使い、現実の世界に登場させるアプリをリリースしました。

実際に「Sketchfab」を起動してみましょう。

起動画面

ログインはせずに「skip」して、カテゴリから「VR/AR Ready」を選択

メニュー

すると数多くの3Dモデルが用意されています。

モデル一覧

男の子っぽく、スターウォーズな戦闘機を選択。上にあるARボタンをタップします。

ARボタン

すると部屋の中に戦闘機が現れ、自由に拡大縮小、回転をさせることができます。その様子を動画(13秒)に収めてみました。


拡大画面

拡大してみると詳細なところまで3Dモデル化されていることがわかります。

スポンサーリンク

とりあえずARKitを体験してみる

ARKitアプリが登場し始めていますがまだ少数で、「MeasureKit」など実用的なものもありますがまだまだこれからといったところ。手軽にARKitのすごさを体感するのに、この「Sketchfab」は手軽でいいのではないでしょうか。もし、お子さんがおられればきっと喜んでもらえるでしょう。