iPhoneのガラス修理をどこに頼んでもOKに。ポリシー変更が複数の情報元からリークされる。

Apple

iPhoneのガラス修理をどこに頼んでもOKに。ポリシー変更が複数の情報元からリークされる。

投稿日:2017年3月11日 更新日:

iPhoneで一番困るのが「ガラス割れ」。修理してくれる業者もありますが、そうなるとAppleの保証対象外になるのが難点でした。しかし、そのポリシーが変更されるという情報がリークされました。

スポンサーリンク

iPhoneのガラス修理

Display

出典:Apple公式サイト

これまで、正規店以外で画面を修理したiPhoneは、Appleの保証対象外となってしまいました。これは事実上、外部の業者での修理を禁止するようなものでした。そのポリシーが近いうちに変更されるとMacRumorsがリークされた内部資料を元に複数の情報元へ確認を取りました。

それは、「外部の業者で画面の修理がされたiPhoneが、他の場所が壊れた場合でもApple正規店で修理を受けられる。」というもの。外部業者での画面修理を認めるポリシー変更となります。

その他、関係するポリシー変更

外部の業者に画面を修理を依頼して問題が発生した場合、Apple正規店に持ち込めば修理をしてもらえます。その場合、ワランティ(1年保証、AppleCare+ )対象外と同じ金額になるとのことです。

外部業者の部品が入ったiPhoneを修理に出す場合、iPhone自体の交換が必要となる可能性があるため、保証金が求められるようです。このあたりは正式な発表がされるでしょう。

これはあくまでも「画面の修理」に関わるポリシー変更であって、他の部品には適用されないことに注意が必要です。また、MacRumorsでは、「これはアメリカとカナダでのポリシー変更だが、他の国でも同様になるだろう」と締めくくっています。

iPhoneを修理する権利

正規店での修理には時間がかかることが多く、たいへん不便な状況が続いていました。アメリカで「修理する権利」が叫ばれ、今回Appleがそれに応えるという形になっています。もし1年以内もしくはAppleCare+に加入しているのであれば、わざわざ外部に頼む必要はないでしょう。しかし、その他の場合に修理の選択肢が増えることは良いニュースです。

参考URL:MacRumors

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。

-Apple
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

  1. […] iPhoneユーザーの永遠の悩み「画面割れ」ですが、どこの業者でも修理できるようになるかもしれないとお伝えしたところです。しかしiPhone8になると、Appleでしか修理できないようになってしまうかも知れないと懸念が高まっています。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

AppleはAR(拡張現実)を使ったナビを計画中

iOS11ではARKitを使ったAR(拡張現実)でアプリに大きな変化が起きると予想されます。Appleの「マップ」アプリのソースコードから徒歩ナビゲーションにARを使おうとしているのではないかというコ …

gripl1

ワンプッシュでケースが変形!iPhoneを握りやすくするケース「GRIPL」

手の中でワンプッシュするだけでiPhoneケースが変形。グリップしやすい形状となって、片手操作がしやすくなる。そんなiPhoneケースが発表となりました。商品名は「GRIPL」。iPhone 6/6s …

store

iOS11では古いアプリ約20万個が利用できなくなる?64bit完全移行に伴う影響。

現在のiOS10は64bitのメモリを利用できるOSですが、32bitのメモリしか利用できない古いアプリも特別にサポートしています。これがiOS11になって特別サポートがなくなった場合の影響について調 …

ガラス割れ

「ミスターミニット」でiPhoneのガラス割れが修理できる??

合鍵や靴の修理を行っている「ミスターミニット」。駅の近くなどでよくみかけます。そこでiPhoneのガラス割れが修理できることをご存じでしたか?公式にホームページでアナウンスされています。 スポンサーリ …

なぜ「iOS10.3.1」がこれほど早くリリースされたのか?アップデートが必要な理由が判明。

Appleは「iOS10.3.1」を4月4日にリリースしました。しかし、iOS10.3のリリースから1週間しか経っていません。なぜこれほど急いでアップデートをしたのでしょうか。それはWi-fiの脆弱性 …