iPhone Xの極端な出荷数不足は「TrueDepthカメラ」が原因

Apple

iPhone Xの極端な出荷数不足は「TrueDepthカメラ」が原因

投稿日:

参考になったらシェアお願いします!

TrueDepthカメラ

iPhone Xが11月3日に発売となりますが、その当日分について、日本では予約開始から数分で売り切れてしまいました。このiPhone Xの出荷数が極端に少なくなっている原因はFace IDなどに利用される「TrueDepthカメラ」。しかし、その状況は改善されているようです。

スポンサーリンク

当初から予想されていた出荷数不足

11月3日に出荷される数が極端に不足することは、KGIセキュリティのアナリスト、Ming-chi Kuo氏が以前から指摘していました。

iPhone XのTrueDepthカメラは「構造化ライトシステム」「飛行時間システム」「フロントカメラ」から構成され、他のスマートフォンのシステムよりもはるかに複雑な構造をしている。したがって量産化をすることが困難な状況にある。予測では10月の中旬から下旬程度に、やっとiPhone Xの生産量が上昇してくるだろう。

10月27日の予約数の少なさからみて、この分析は妥当なものだったようです。

iPhone Xの供給は安定してきた

アメリカのニュースサイトMacRumorが入手した最新のKGIセキュリティのレポートでKuo氏は、

現在、TrueDepthカメラの供給は安定している

と述べています。

現在、申し込みから出荷まで5〜6週間かかっているiPhone X。生産は改善されているようです。初回の予約数がかなりの数にのぼっているため、しばらくは品薄の状態が続くでしょう。しかし、生産は安定しているため時間の問題だけと言うことができます。

参考URL:MacRumors

The following two tabs change content below.
奥村卓也

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。
参考になったらシェアお願いします!

-Apple
-, ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

function area

次期「iPhone8」のリーク情報が続々と。海外の情報も含め整理してみた。

次期iPhone、通称「iPhone8」のリーク情報が続々と出てきています。大小さまざまな情報がありますが、ここで一旦整理してみます。海外にしかない情報も含めて、どのようなリーク情報があるのか、カテゴ …

Touch IDイメージ

iPhone Xであれだけ噂された「Touch ID」の行方

今年の初ごろから大きな噂になっていたのは「iPhone Xのディスプレイ上にTouch IDは搭載されるのか」。この技術的問題から開発が遅れているとの観測もありました。しかし、Appleの役員はインタ …

「次期iPhone」のメインはディスプレイの変更か。大画面搭載とバッテリーの情報も。

最近になって次期iPhoneの噂が続々とリークされています。その中でも大きな噂が「次期iPhoneは1000ドルを超えるかもしれない」ということ。もう買えるレベルではないスマホになってしまうのか…? …

Apple Watch対応アプリが次々とサポート終了。Bluetoothの呪縛から逃れられるか?

GoogleマップやAmazonアプリなど、人気のアプリがApple Watchのサポートをしないようになりました。特にアナウンスはなく、ひっそりと対応しなくなっています。これには原因があるのではない …

Apple Payに対応するクレジットカードが8社追加。合計20社でさらに便利に。

モバイル決済サービスの黒船「Apple Pay」が好調な滑り出しをみせています。 3月1日にはさらに8社のクレジットカードがApple Payに対応しました。 iPhone 8 / Xに「おすすめでき …