次期iPhoneのTouch IDはディスプレイに統合されると、チップメーカーが認めた!

Apple

次期iPhoneのTouch IDはディスプレイに統合されると、チップメーカーが認めた!

投稿日: コメント (0)


先日、次期iPhoneの噂はTouch IDの位置の問題がほぼ全てであるところをお伝えしたばかりですが、Appleのチップセット供給先であるTSMC社が「Touch IDはディスプレイに統合される」と話したとのことです。これで量産体制に入ることができるでしょう。

スポンサーリンク

ソースはTSMCの技術シンポジウム

TSMC社は次期iPhoneの「A11」チップを製造している会社です。中国のエコノミックデイリーニュースが報じたところによると、「TSMC 2017 NA Technology Symposium」で、Appleは「光学式指紋認証センサー」をOLEDディスプレイに統合することができたと話したとのこと。これで今までの物理ホームボタンを置き換えます。

指紋認証の特許資料

これは既にAppleが特許を取得している方式で、これの実装に成功したということでしょう。次期iPhoneは10周年記念モデルということで、この方式は2015年の6月から開発が進められていました。背面に指紋センサーをおくSamsumgのGalaxy S8とは大きな違いとなります。

発売時期も次第に明らかに

このタイミングでの実装成功となると、6月の下旬には量産体制に入れるだろうとMacRumorは述べています。そうなると、通常サイクルの9月発売には間に合いそうです。ただし、どの程度の量産になるかは予想できません。潤沢な在庫を抱えるまでに量産できるかは不透明です。

その他の情報も

TSMC社は追加の認証方式として、高詳細のフロントカメラによる顔認証が搭載されることも示唆しています。また、次世代の3Dタッチセンサーも期待できるとのこと。そして、ディスプレイは18.5:9という比率になりそうだとのことです。

10周年記念モデルとしての「iPhone 8」には大きな期待が寄せられていて、その情報は錯綜しています。今回の情報はかなり「良い」情報です。今後、これを否定するようなリークがなければ、順調に「プレミアムな」iPhoneの発売開始が期待できそうです。

-Apple -, ,

最大8万3,000円キャッシュバック
30ヵ月の基本料割引で実質月額2,000円!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加