【パブリックベータ5】iOS11.4とmacOS10.13.5のほぼ最終版か?

Apple

【パブリックベータ5】iOS11.4とmacOS10.13.5のほぼ最終版か?

投稿日: コメント (0)


本日iOS11.4とmacOS10.13.5のパブリックベータ5がリリースされました。デベロッパーズベータ版のリリースとほぼ同時に公開されています。iOS11.4についてはこれが最終版かもしれません。そのような兆候が見え始めています。

スポンサーリンク

iOS11.4パブリックベータ5はほぼ最終版か

AirPlay2

今回のiOS11.5パブリックベータ5は2.2GBという大きさでiPhone Xに向けて配信されたようです。筆者の検証機では1.93GBです。これは通常のベータ版でみられるような200MB〜300MBのアップデートではないため、ほぼ最新版である可能性が高いと米AppleInsiderは述べています。

パブリックベータ5

Appleは6月初旬に予定されているWWDCの前にマイナーバージョンアップであるiOS11.4をリリースするでしょう。それを考えると今週末もしくは来週には正式版がリリースされる理由も存在します。

残るはHomePod関連の実装だが…

カレンダー対応

最近になってHomePodのカレンダー対応がみつかりました。上に挙げたようにカレンダーへのアクセスを許可するかどうかが問われるようになっています。

残っているのはHomePodのステレオペアリング機能ですが、これの実装について情報はまだありません。一部ではiOS11.4のリリースとは別に機能実装されるのではないかとも言われています。

macOS10.13.5ではバーチャルディスプレイが使えない?

筆者は「TwomonUSB」というアプリを使って、セカンドモニタとして初代iPadを使っています。ただ同然の初代iPadを便利に使えていたのですが、macOS10.13.4で「バーチャルディスプレイ機能」が削除され、使えない状況になっています。

macOS10.13.5で機能が復活するのかと検証していたのですが、どうやらそうはならないようです。接続するとOSが落ちて再起動してしまいます。一部のiPad用デュアルディスプレイアプリではこの問題への対応がなされたようですが、少なくとも「TwomonUSB」では対応されていません。

iOS12に向けた最後のマイナーバージョンアップ

6月初旬のWWDCでは「iOS12」の新機能が発表されるでしょう。それを控えたiOS11.4は主に安定性に力を入れて開発が進められているようです。HomePod関連の機能に慎重なのもその現れでしょう。前述したようにその正式リリースは近いようです。

参考URL:AppleInsider, 9to5Mac

-Apple -, ,

基本料金1,333円引きで工事代金は無料
さらに最大8万3,000円キャッシュバック
最速ネット回線NURO光なら今がお得

アクセスランキング

アクセスランキングはまだ集計されていません。

スポンサーリンク

奥村卓也

通信事業者のネットワークエンジニアとサービスクリエーションに従事した後、フリーランスの道へ。趣味はVespa Vintage 100で旅に出ること。人生はMacとiPhoneとVespaで出来ている。


comment

メールアドレスが公開されることはありません。


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加