激変するモバイル業界をキャッチアップ

Apple

なぜ「iOS10.3.1」がこれほど早くリリースされたのか?アップデートが必要な理由が判明。

投稿日:

Appleは「iOS10.3.1」を4月4日にリリースしました。しかし、iOS10.3のリリースから1週間しか経っていません。なぜこれほど急いでアップデートをしたのでしょうか。それはWi-fiの脆弱性が発見されたからでした。発見したのはGoogleの「Project Zero」。その背景をお伝えします。

スポンサーリンク

使用されているWi-Fiチップの深刻な脆弱性

Googleの「Project Zero」とはメーカーを超えて、サービスの脆弱性を発見し、報告するプロジェクトです。最近ではパスワード管理アプリ「LastPass」の脆弱性を発見、他にも同様の脆弱性を持ったパスワード管理アプリがあったため、大きな反響がありました。

今回は、iPhoneやNexus、Samsungの製品に使われているBroadcomのWi-Fiチップの脆弱性を発見しました。このプロジェクトでは脆弱性を発見すると、まずメーカーへ連絡します。修正パッチが用意できたところで脆弱性を発表します。「ゼロディアタック」を防ぐための策です。

この脆弱性は「犯人が被害者のWi-Fi電波が届く範囲であれば、そのWi-Fiチップ上で任意のコードを実行できる」というもの。Project Zeroでは遠隔で、ユーザーのアクション一切なしで、ユーザーのデバイスを支配できたと発表しています。

できるだけ早いアップデートを

ios
深刻な脆弱性ですので、できるだけ早いアップデートが求められます。しかし、「iOS10.3」ではファイルシステムの変更というかなり大きな変更が加えられています。しっかりとバックアップを取ってから、慎重にアップデートしてください。今のところ、iOS10.3及びiOS10.3.1で深刻なバグの情報はありません。

参考URL:TechCrunch

-Apple
-, , ,

スポンサーリンク

最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

執筆者:


  1. […] 前回のiOS10.3.1はiOS10.3からわずか1週間でリリースされました。それはWi-fiに深刻な問題があったため、緊急の対応です。今回はそれから1ヶ月半後のリリースですので、そんなに深刻な問題はなく、時間をかけてベータテストが行われているので、アップデートに支障はないと思われます。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ガラス割れ

「ミスターミニット」でiPhoneのガラス割れが修理できる??

合鍵や靴の修理を行っている「ミスターミニット」。駅の近くなどでよくみかけます。そこでiPhoneのガラス割れが修理できることをご存じでしたか?公式にホームページでアナウンスされています。 スポンサーリ …

store

iOS11では古いアプリ約20万個が利用できなくなる?64bit完全移行に伴う影響。

現在のiOS10は64bitのメモリを利用できるOSですが、32bitのメモリしか利用できない古いアプリも特別にサポートしています。これがiOS11になって特別サポートがなくなった場合の影響について調 …

Apple Watch対応アプリが次々とサポート終了。Bluetoothの呪縛から逃れられるか?

GoogleマップやAmazonアプリなど、人気のアプリがApple Watchのサポートをしないようになりました。特にアナウンスはなく、ひっそりと対応しなくなっています。これには原因があるのではない …

popup

iOS10.3でひそかに大きな改善が。ブラウザのSafariが「身代金ウィルス」にかからない設計に。

Appleは3月27日にiOS10.3をリリースしました。大きな変更点としては、AirPodsを探す、Siriの改善、ファイルシステムの変更などですが、その陰にかくれてブラウザ「Safari」の設計変 …

gripl1

ワンプッシュでケースが変形!iPhoneを握りやすくするケース「GRIPL」

手の中でワンプッシュするだけでiPhoneケースが変形。グリップしやすい形状となって、片手操作がしやすくなる。そんなiPhoneケースが発表となりました。商品名は「GRIPL」。iPhone 6/6s …