フリートライアル画面

「App Store」へ不正請求アプリが混入している実態が明らかに。その手口とは?

iPhoneユーザーはApp Storeでアプリを検索します。キーワードで検索すると関連するアプリが表示される「Search Ads」という仕組みを悪用して、無料アプリをダウンロードさせ、高額なアプリ内課金を請求する不正請求アプリの存在が明らかになりました。

スポンサーリンク

「トップセールス」ランキングに怪しいアプリが

アプリランキング

App Storeの「トップセールス」には人気のある有名なアプリが並んでいます。日本ではほとんどがゲームになっていますが、仕事効率化のカテゴリに「Mobile protection :clean & Security VPN」という無料アプリが並んでいました。

iPhoneではアプリがシステムの中核部分にアクセスすることができなくなっているのですが、このアプリの説明文には「連絡先の重複を調査する」との記載があり、出来ないはずのことが出来ると書かれています。

奇妙に思った開発者のジョニー・リン氏が調査したところ、このアプリが月間8万ドル(約880万円)もの売り上げを上げていました。その結果、トップセールスにランキングされていたのです。

不正請求の手口

このアプリは名前からもわかるように比較的セキュリティに関心があるユーザーをターゲットにしています。アプリをインストールして起動すると、無料トライアルの画面となります。

フリートライアル画面

そして無料トライアルをタップすると、「フリートライアルを開始するためにTouch IDを使ってください。あなたは6月9日から7日間につき99.99ドルの利用料がかかります」と表示されます。

フリートライアルなのに有料?よく読むとおかしい話なのですが、フリートライアルと書かれているため、思わずTouch IDを使ってしまうユーザーがいます。

Touch ID画面

Touch IDで認証してしまうと請求が発生。これにより月間880万円の利益を上げていました。リン氏によると、同様の手口を使ったアプリは複数確認されたとのこと。

ユーザーに防衛策はあるのか

「本来出来ないことを出来ると書いてある」これは詳しいユーザーでないと見破るのは難しいでしょう。しかし、「フリートライアルが有料」という表示は不自然なため、気をつけて読めば回避できるでしょう。

リン氏は、それでも払ってしまった場合は諦めることなく、App Storeの領収書から「問題を報告」フォームを使って返金を要求すべきだと語っています。またAppleに対しては悪質なアプリの除去に力を入れるべきだと主張しています。

App StoreはiOS11で大幅にアップデートされるため、この問題は解消されるかもしれません。しかし、不正アプリはその隙を突いて出てくるでしょう。日本語の不正アプリが出てくるかもしれません。もし騙されたと思ったら、リン氏が勧めているように返金を要求しましょう。

参考URL:9to5mac

ネット回線に不満があるならNURO光がおすすめ
最大8万3,000円キャッシュバック!
最速ネット回線NURO光なら今がお得

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カテゴリー