子ども向けアプリにも!Google Playからマルウェアが60本以上見つかる

セキュリティ

子ども向けアプリにも!Google Playからマルウェアが60本以上見つかる

投稿日: コメント (0)


adult_swine

Google playストアで配信されている60本以上のアプリにアダルト広告やユーザーを騙す内容の広告を表示するマルウェアが含まれていたことがセキュリティ企業のCheck Point Softwareの調査で明らかになりました。

スポンサーリンク

子ども向けのアプリでもマルウェアを確認

今回問題なっているマルウェア「AdultSwine」が確認されたアプリのなかには、子ども向けアプリも含まれていました。60本以上のアプリは少なくとも300万回から700万回はダウンロードされています。該当するアプリはGoogleによってすでに削除され、アプリ開発者のアカウントも無効にされました。Check Point Softwareは今後も同様のマルウェアが登場することを予想しており、「親子向け」カテゴリのアプリをインストールする際は保護者が内容を確認してからにするよう呼び掛けを行っています。

広告が表示され、偽物のアプリをインストールさせようとする

「AdultSwine」はポルノ画像など不適切な画像を表示させたあと、ウイルスに感染しているとうそぶき、偽物のアプリをインストールさせようとしたり、有料サービスに登録するよう催促を行います。また、ユーザーのログイン認証情報を盗むなど別の攻撃に使われる可能性もあったとのことです。

知識が乏しい子どもを狙った悪質な手段

このマルウェア「AdultSwine」が悪質な点は、子ども向けアプリにも潜んでいたところです。知識のある大人なら不適切な広告やアプリインストールを誘導する手口からおかしいと気づき、簡単に回避することができます。しかし、知識が乏しい子どもの場合は素直に従ってしまうでしょう。レビューには「幼い子どもがアプリを開いたら、ポルノ写真が大量に表示された」という内容も存在し、親も非常に不快な思いをしたようです。子どもを巻き込む卑劣な手口は許せるものではありません。

今回は主に米国のアプリが中心ですが、日本でもいつ同様のマルウェアが登場するかわかりません。親ユーザーは、子どもが勝手にアプリをインストールしないよう設定するなど自衛する手段も考えたほうが良いでしょう。

出典:Check Point Research

The following two tabs change content below.
秋場和輝

秋場和輝

ウェブプログラマとして働きつつ、ライティングをこなす。IT以外にも発達障害や精神疾患への理解もあり、発達障害についての執筆経験もある。生活するうえでの相棒はカフェイン。

-セキュリティ
-, , ,

スポンサーリンク


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


最新ニュースをLINEでお届け!

友だち追加

関連記事

着信画面

「+675」で始まる電話番号に注意!折り返すと高額な請求も。

携帯キャリア大手、ドコモ・au・ソフトバンクは「+675」で始まる不審な着信が増えているため、この電話に折り返し通話をかけないように注意喚起しました。背景には悪徳業者による詐欺が絡んでいるようです。 …

skygofree

通話履歴を盗むLINEユーザーを標的にしたスパイウェア「Skygofree」

スマートフォンのスパイウェアは多く存在しており、私たちは常に感染リスクを抱えています。このような中、Androidを使用しているLINEユーザーなら気を付けなければならないスパイウェア「Skygofr …

スマートデバイスユーザーも注意!脆弱性に対応するパッチの実施を!

Googleのセキュリティチーム「Project Zero」は、CPUやJavaScriptに関する脆弱性である「Meltdown(CVE-2017-5754)」「Spectre(CVE-2017-5 …

ビットコインウォレットの詐欺アプリ

注意!ビットコインウォレットに擬態した詐欺アプリが登場!

最近まで高値記録を更新し続けていた暗号通貨(仮想通貨)であるビットコイン。投機対象としての人気があり、資金が大量に流入しています。現在、このビットコインにまつわるマルウェアが登場し、仮想通貨界隈を騒が …

利用許諾

HUAWEI(ファーウェイ)の端末使用許諾が危険だと話題に

中国の電子機器メーカーHUAWEI(ファーウェイ)は、ハイエンドスマートフォンのHUAWEI P10シリーズからミドルレンジのHUAWEI NOVAシリーズなどを生産しており、世界的にそのシェアを広げ …